アウレリオ・ペッチェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アウレリオ・ペッチェイ(中央)

アウレリオ・ペッチェイ(Aurelio Peccei、1908年7月4日 - 1984年3月14日)は、イタリアの経済学者、実業家。ローマクラブの創設者、初代会長として知られる。

生涯[編集]

1908年、イタリアのトリノに生まれる。トリノ大学卒業。経済学博士。

第2次世界大戦中は、レジスタンス運動の闘士として活躍。地下活動のなか1944年に逮捕・投獄された。

大戦後、イタリアの自動車メーカーであるフィアットの再建に尽力した。1964年、請われてオリベッティ社の会長に就任した。

1970年ローマクラブを設立、初代会長となる。

1972年、ローマクラブのレポート『成長の限界―ローマ・クラブ人類の危機レポート』(日本語訳:ダイヤモンド社、1972年)が世界各国で話題に。ペッチェイは、各国の知識人、経営者らに対して、人類と地球が置かれた危機的状況とともに、人類は地球と平和的に共存していかねばならないと訴えた[1]

著書(日本語訳)[編集]

  • 横たわる断層―新しい世界システムへの提言(ダイヤモンド社 、牧野昇訳、1970年
  • 人類の使命―ローマ・クラブはなぜ生れたか(ダイヤモンド社、大来佐武郎訳、1979年
  • 未来のための100ページ―ローマ・クラブ会長の省察(読売新聞社、大来佐武郎訳、1981年

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 遺稿「恒久平和への道」から