アウルス・ゲッリウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アウルス・ゲッリウス
誕生 125年頃
ローマ?
死没 180年以降
職業 著作家、文法学者
国籍 共和政ローマ
活動期間 古代ローマ白銀期
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アウルス・ゲッリウスゲリウスAulus Gellius, 125年頃 - 180年以降)は古代ローマ白銀期の著作家、文法学者。

生涯[編集]

ゲッリウスはおそらくアフリカ出身の家系で、おそらくローマで生まれ育ったと思われる。ローマで文法学と修辞学を勉強した後、アテナイに渡ってそこで哲学を学んだ。ローマに戻った後、司法事務所を開いた。師や友人には、スルピキウス・アポッリナリス(en:Sulpicius Apollinaris)、ヘロデス・アッティコス(en:Herodes Atticus)、マルクス・コルネリウス・フロント(en:Marcus Cornelius Fronto)といった多くの著名人がいた。

作品[編集]

『Noctes Atticae(アッティカの夜、アッティカ夜話)』はゲッリウスの唯一の作品で、アッティカで過ごした冬の長い夜から始まっていることから、この題名になった。執筆はローマでも続けられた。それはゲッリウスが話に聞いたり、本で読んだりした面白い話のメモを1冊の本にまとめたもので、その内容は、文法、幾何学、哲学、歴史と、多岐にわたっている。意図的に繋がりや配列を欠いたこの本は12巻から成っている。8巻のみ目次だけだが、それ以外はすべて現存している。『Noctes Atticae』は、社会の気質と当時の気晴らしに向けられた洞察と、失われた古代の著作家たちの作品が多く抜粋されていることにおいて、価値がある。ちなみに、この本の中にあるアンドロクレス(en:Androcles)の話は、(この中には含まれていないが)しばしばアイソーポス(イソップ)の寓話集に含まれることがある。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • Attic Nights (Latin text: complete; English translation: Preface thru Book 13)
  • Attic Nights (Latin text: Books 1‑11, 13, 20)