アウドゥン・ボイセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ノルウェーの旗 ノルウェー
陸上競技
オリンピック
1956 メルボルン 男子800 m
ヨーロッパ陸上選手権
1954 ベルン 男子 800 m
1958 ストックホルム 男子 800 m

アウドゥン・ボイセン(Audun Boysen、1929年5月10日 - 2000年3月2日)は、ノルウェーの陸上競技選手。1956年メルボルンオリンピックの銅メダリストである。ノルウェー北部北極圏内のトロムス県ビョルコイ出身。ソール・トロンデラーグ県リッサで育った。

経歴[編集]

ボイセンは、1950年代に、800mを中心に活躍した男子中距離選手である。1955年、1956年と世界ランク2位に位置し、この時代おおむね世界ランクトップ10に位置していた。1955年には、1000mで2分19秒0の世界新記録を樹立。また、同年には800mで、1分45秒9のノルウェー新記録(1939年にドイツルドルフ・ハルビッヒが出した1分46秒6の世界記録を破るものであったが、同走のベルギーロゲール・モエンスが1分45秒7で走ったため2着)を樹立。この記録は、1992年に破られるまで37年間もノルウェー記録として残った。また、ボイセンは、肘の使い方がうまくレースでの競り合いにも強かったことで有名であった。

国際大会では、1954年のベルンで開催されたヨーロッパ選手権で銅メダルを獲得。そして、1956年には、メルボルンオリンピックで、アメリカトーマス・コートニーイギリスデレク・ジョンソンに次いで銅メダルを獲得した。また、1958年のストックホルムで開催されたヨーロッパ選手権では、イギリスのマイケル・ローソンに次いで2着でゴール。しかし、その後、ローソンはカーブでインコースをショートカットし失格と判定され、ボイセンが優勝。しかし、イギリスチームがこの判定に不服を申し立て判定が覆り、ローソンは金メダル、ボイセンは銀メダルとなった。すでに帰国していたボイセンは金メダルをローソンに送付した。

ボイセンはその後は、オスロの企業で臨床心理士の職に従事した。

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1950 ヨーロッパ陸上選手権 ブリュッセル(ベルギー) 800m 5位 1分51秒4
1952 オリンピック ヘルシンキ(フィンランド) 800m 4位(sf) 1分50秒4
1952 オリンピック ヘルシンキ(フィンランド) 1500m 11位 3分51秒4
1954 ヨーロッパ陸上選手権 ベルン(スイス) 800m 3位 1分47秒4
1956 オリンピック メルボルン(オーストラリア) 800m 3位 1分48秒1
1958 ヨーロッパ陸上選手権 ストックホルム(スウェーデン) 800m 2位 1分47秒9
  • sfは準決勝