アウトバースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アウトバースト
ジャンル 対戦格闘ゲーム
対応機種 ゲームボーイ
開発元 コナミ
発売元 コナミ
人数 1~2人
メディア ROMカートリッジ
発売日 1993年3月26日
対象年齢 不明
売上本数 不明
テンプレートを表示

アウトバースト』(OUT BURST)は、1993年3月26日コナミから発売された2D対戦格闘ゲームである。海外名は『Raging Fighter』。

概要[編集]

本作には1PLAYER、VERSUS、STORYの3種類のモードがある。1PLAYERモードは、塔をのぼりながら一人ずつ闘うモードとプラクティスモードがある。STORYモードで戦う際は対戦や1PLAYERモードとは別の専用曲が用意されている。1PLAYERモードとVERSUSモードでは自由にキャラクターを選べるが、STORYモードでは使用キャラクターが限定される。最終ボスが相手と同キャラ仕様になるため、裏ワザを使うことで同キャラ対戦も可能。

ゲームボーイの対戦格闘ゲームとしてはアニメーションパターンが豊富かつキャラクターが大きめに表示されており、距離や十字キーとボタンの組み合わせで多彩な攻撃が可能など、基本的な手数は作りこまれている。

ドット絵もBGMもそこそこの評価を受けているが、ゲーム内容については全体的に重くスピード感の無さ、さらに攻撃判定の怪しさなどからゲームとしての評価は低め。全体的に惜しい作品といえる出来になっている。

システム[編集]

操作については一般的な格闘ゲームに準じている。 また、ボタンを押す長さによる強弱ではなく十字キーとの組み合わせで多彩な通常技が繰り出される。

十字キー上
ジャンプ(斜め上等を押すことで前方や後方へのジャンプも可能)
十字キー下
しゃがみ(その場にしゃがむ。)
十字キー左右
前進及び後退
Aボタン
キック(左右ボタンとの組み合わせや距離によって出るキックの種類も変わる)
Bボタン
パンチ(左右ボタンとの組み合わせや距離によって出るパンチの種類も変わる)
スタートボタン
ゲーム中にポーズボタンとして機能しないので決定等以外に使用無し
至近距離で前B
投げ技が出せる。成立後の位置関係はキャラクターによって違う。
試合方式も通常の2D対戦格闘ゲームに準じていて2勝したほうが勝利になる。

また、トーナメントモードではバイタリティを失わずに敵を倒すとパーフェクトボーナスが入り 対戦相手に2勝するとクリアボーナスが入るようになっている。 ストーリーモードとトーナメントモードにおける最終ボスはアイコンこそ別だが 実質プレイヤーが選んだキャラクターと全く同じ性能のキャラクターと戦うことになる。 その為選んだキャラクターによっては最終ボスが楽になる事もある。

オプション画面では難易度の設定やサウンドテスト。

キーコンフィング(AとBの配置が入れ替わるだけ)が行える。

必殺技は対空技などはあるものの、判定が大きいか否かによるもので無敵は存在しない。

キャラクター度に起き上がり方が違い、後ろに跳ね上がる物が多いが、中には起き上がりの際に前方へ攻撃しながら起き上がるキャラクターもいる。

登場人物[編集]

ストーリーモードの主役[編集]

レディン
連続技に長けたキャラクター。多数の多段HIT技をもつ。打点が変化するものもあり、ガードを揺さぶる事もできる。
アスカ
移動速度は遅いが、飛び道具やコンビネーション技などを持ち、相手を翻弄する。
ルオウ
飛び道具、対空技、突進技をもつ、オーソドックスなキャラクター。多くは語られていないが、実質この物語の主人公

ストーリーモードの敵[編集]

ヴァンドル
トリッキーな動きをもつテクニカルキャラクター。軌道が変則的な突進技なども持ち、上級者向け。
バルク
パワーキャラ。非常に移動速度が遅いため、突進技と空中技によってそれを補う必要がある。
サヤカ
紅一点。使いやすい技と素早い動きが持ち味だが、破壊力に欠ける。空中から踏みつける技など、相手を翻弄する技が多い。
シャドル
ルオウと同様の技を持つが、対空技がワンランク上のものを使うことが出来る。非常に扱いやすいキャラクター。

外部リンク[編集]