アウター・ヘブリディーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アウター・ヘブリディーズの位置

アウター・ヘブリディーズOuter Hebridesスコットランドゲール語:Na h-Eileanan Siar西の島々)は、スコットランドの地方行政区画の一つ。スコットランド西岸に連なる鎖状の島々からなる。島々はヘブリディーズ諸島に属し、ミンチ海峡によって本土に近いインナー・ヘブリディーズ諸島から隔てられている。島嶼部ではゲール語が広く話されている。面積3,071km2、人口は26,400人(2006年)。州都はストーノーウェイ。1266年のパース条約締結までノルウェー王国が200年あまりヘブリディーズ諸島を支配したことから、ノース人の言語や影響が今も残っている。

有人島[編集]

人口 (2001年調査)
ルイス島及びハリス島 19,918
サウス・ウイスト島 1,818
ノース・ウイスト島 1,271
ベンベキュラ島 1,219
バラ島 1,078
スカルペイ島 322
グレート・バーネラ島 233
グリムゼイ島 201
バーネレイ島 136
エリスケイ島 133
ヴァターセイ島 94
バルシェア島 49
グリムゼイ島 (サウス・イースト・ベンベキュラ) 19
Flodaigh 11
合計 (2001) 26,502
ヘブリディーズ諸島 (オレンジの部分がアウター・ヘブリディーズ)

アウター・ヘブリディーズの西方に浮かぶ、モナク諸島、フラナン諸島セント・キルダロッコール島も含まれる。

信仰[編集]

キリスト教信仰は西部島嶼部に深く根を張っている。しかし過去に氏族(クラン)の違いを主な理由として、北部の島々(ルイス島、ハリス島、ノース・ウイスト島)では歴史的に長老派教会が優勢なのに対し、南部の島々(ベンベキュラ島、サウス・ウイスト島、バラ島)ではカトリック教会が優勢である。小さなスコットランド国教会の教会がルイス島・ハリス島にある(信徒の多くは、アウター・ヘブリディーズ外出身の人々である)。

西部島嶼部の北(特にルイスとハリス)は、イギリス最後の根本主義カルヴァン派の牙城とされてきた[1]。多くの住民がスコットランド自由教会en)、さらに保守的なスコットランド自由長老教会en)に属している。自由教会、自由長老派教会、さらにスコットランド教会の集まりでは、韻文の詩篇とは違ったどんな歌もインストゥルメンタル音楽も使用されない。2006年には、地元のフェリー会社が安息日にハリス島へフェリーを運航させると決定したことで、議論が持ち上がった[2]

一般的に不適切な服装で教会へ現れた人々は受け入れられないとされている。不適切な服装には、女性が帽子を被るのを忘れてきたり、スカートの替わりにズボンをはいてきたり、男女とも信者がジーンズのような普段着を着てきた場合があたる。全ての同性愛者のカップルが、2004年発令のシビル・パートナーシップ法(en、同性愛者同士の事実婚を認めた)によってパートナーとして登録できるようになったことから、これにのっとって同性愛者カップルが教会の公式行事に参加するのを地元議会は拒否した[3]

外部リンク[編集]