アウグスト1世 (ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アウグスト1世(August I, 1568年 - 1636年)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公の1人で、リューネブルク(在位:1633年 - 1636年)。リューネブルク侯ヴィルヘルムと妃ドロテアの3男。エルンスト2世クリスティアンの弟、フリードリヒ4世ゲオルクの兄。

神聖ローマ皇帝ルドルフ2世に従軍してオスマン帝国と戦い、1610年ラッツェブルク司教に選ばれたが、在任中にイルゼという女性と貴賤結婚していた。彼女との間に生まれた子供達は名前の後ろに「フォン・リューネブルク」と付けられたが、相続権は無かった。1633年に死んだ兄クリスティアンの後を継いだが、僅か3年で死去。リューネブルクは弟のフリードリヒ4世が、ラッツェブルク司教はグスタフ・アドルフ(後にメクレンブルク=ギュストロウ公)が継承した。

爵位・家督
先代:
クリスティアン
リューネブルク
1633年 - 1636年
次代:
フリードリヒ4世