アウグスト・ヴェンツィンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アウグスト・ヴェンツィンガー(August Wenzinger, 1905年11月14日 - 1996年12月25日)は、スイス出身のチェロヴィオラ・ダ・ガンバの奏者、指揮者[1]

バーゼルの生まれ。地元の音楽院でパウル・グリュンマーにチェロ、ケルン音楽院でフィリップ・ヤルナッハに音楽理論を学び、ベルリンエマヌエル・フォイアマンの個人レッスンを受けた。1929年から1934年までブレーメンオーケストラの首席チェロ奏者を務める。1925年よりヴィオラ・ダ・ガンバの研究を始め、1930年にはグスタフ・シェックらと昔の楽器を復元して演奏する室内楽サークルを結成した。また、同じ目的で1933年にカペル・カンマームジークという団体を立ち上げたが、政治的理由ですぐに解散している。1934年にはバーゼル・スコラ・カントルムのヴィオラ・ダ・ガンバの教授として参加した。1936年から1970年までバーゼル一般音楽協会に入会していた。

指揮者としては、長年バーゼル・スコラ・カントルムの合奏団を率いる一方で、1954年から1958年までカペラ・コロニエンシスの指揮者を務めたり、1958年から1966年までハノーファーで定期的にバロック・オペラの上演を行ったりした。

バーゼル近郊メッツァーレン=マリーアシュタインにて死去した。

[編集]

  1. ^ http://www.bach-cantatas.com/Bio/Wenzinger-August.htm