アウグスト・フォン・ロートムント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アウグスト・フォン・ロートムント

アウグスト・フォン・ロートムント(August von Rothmund, 1830年8月1日 - 1906年10月27日)は、ドイツ医師・医学者。眼科学を専攻。

人物[編集]

1830年、バイエルン州フォルカッハに生まれる。父は外科医のフランツ・クリストフ・フォン・ロートムント(Franz Christoph von Rothmund, 1801年 - 1891年)。

1853年ミュンヘン大学医学博士号を取得。チェコオーストリアに留学し、帰国後の1854年から1900年までミュンヘン大学病院に務めた。

1863年眼皮膚白皮症I型他の常染色体劣性遺伝病に関する研究を発表。この研究は後年、イギリスのマシュー・シドニー・トムソン(Matthew Sydney Thomson, 1894年 - 1969年)により確立されロートムント・トムソン症候群と名付けられた。

日本との関わり[編集]

日本における眼科学の権威・井上豊太郎1861年 - 1951年)はドイツ留学中、ロートムントに師事を仰いでいる。井上が日本に帰国した後、ロートムントの処方箋に基づき目薬を処方。信天堂山田安民薬房より恩師・ロートムントの名を取り「ロート目薬」の名称で1909年に発売した。1931年に発明された両口式点眼瓶によりロート目薬の知名度は飛躍的に向上、信天堂山田安民薬房は1949年株式会社化して現在のロート製薬となっている。

なお、ロートムントの名前の綴りは「Rothmund」であるが、ロート製薬の「ロート」は日本語ローマ字外務省ヘボン式)表記した「ROHTO」である。

外部リンク[編集]