アウグスト・ハルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アウグスト・ハルムAugust Halm, *1869年10月26日 ヴュルテンベルク州グロースアルトドルフ – †1929年2月1日 テューリンゲン州ザールフェルト)はドイツ作曲家神学者・音楽教師。

父ヘルマン・フリードリヒと母シャルロッテ・アウグステ(旧姓クルムバッハ Kulmbach )との間に生まれる。父親は当時グロースアルトドルフの牧師であった。

テュービンゲン大学神学を修めるとともに作曲も学ぶ。ここでは大学の音楽監督エミール・カウフマンが、ハルムの指導者にして庇護者の役割をも果たした。20世紀に入ってヘルマン・リーツグスタフ・ヴィネケンパウル・ゲヘープと知り合う。1906年から1910年まで、また1920年から1929年まで、ザールフェルト近隣の自由学校共同体ヴィッカースドルフに勤めた。

ハルムは、楽壇の重鎮にして「音楽青少年運動(Musikalischen Jugendbewegung )」の主唱者として通っていた。作曲家としては、アントン・ブルックナーの後塵を拝しつつフーガソナタ形式を結合させるのに尽力した。また、音楽美学者としてだけでなく、音楽ライターとしてもきわめて優れた業績を上げた。ハルムの著作は、直截的で合理的な、明晰な言い回しが際立っている。

主要作品[編集]

  • 交響曲 イ長調 (Symphonie in A-Dur
  • ヴィオラとピアノのためのソナタ ヘ短調 (Sonate f-Moll für Viola und Klavier
  • ヴァイオリン、ピアノとチェロのための組曲 ニ長調 (Suite in D-Dur für Violine, Klavier und Cello
  • 大組曲 第3番 ロ短調 (Große Suite Nr. 3 in h-Moll

外部リンク[編集]