アウグステ・ロイス・ツー・ケストリッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メクレンブルク=シュヴェリーン大公妃アウグステ

アウグステ・マティルデ・ヴィルヘルミーネ・ロイス・ツー・ケストリッツAuguste Mathilde Wilhelmine Reuß zu Köstritz, 1822年5月26日 -1862年3月3日)は、メクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ2世の最初の妃。

ロイス=ケストリッツ侯子ハインリヒ63世と、その最初の妻エレオノーレ・ツー・シュトルベルク=ヴェルニゲローデの次女として、クリップハウゼン(現在ドレスデン行政管区マイセン郡の町)で誕生。1849年11月3日、フリードリヒ・フランツと結婚。五男一女をもうけた。