アウグステ・フォン・バイエルン (1875-1964)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アウグステ大公妃

アウグステ・マリア・ルイーゼ・フォン・バイエルンドイツ語:Auguste Maria Luise von Bayern, 1875年4月28日 ミュンヘン - 1964年6月25日 レーゲンスブルク)は、バイエルン王国の王族で、オーストリア大公ヨーゼフ・アウグストの妃。

バイエルン王子レオポルトとその妻のオーストリア大公女ギーゼラの間に次女として生まれた。名前は父方の祖母アウグステ・フェルディナンデ王女にちなむ。アウグステは1893年11月15日、オーストリア皇族のヨーゼフ・アウグストと結婚した。

第1次世界大戦中、アウグステは負傷者たちの看病や生活支援に奔走した。アウグステは「鉄のために金を供出しました(Gold gab ich für Eisen)」運動の推進者となり、戦後は数多くの福祉慈善組織を創設した。

ヨーゼフ・アウグスト大公一家は1944年にそれまで住んでいたハンガリーを出国し、いったんアメリカ合衆国に渡ったものの、その後ヨーゼフ・アウグスト大公の姉のトゥルン・ウント・タクシス侯妃マルガレーテ・クレメンティーネを頼ってドイツに移った。アウグステは1964年にレーゲンスブルクにおいて89歳で亡くなった。

子女[編集]

夫ヨーゼフ・アウグストとの間に6人の子供をもうけたが、うち2人は夭折した。

  • ヨーゼフ・フランツ・レオポルト・アントン・イグナティウス・マリア(1895年 - 1957年) - 1924年にザクセン王女アンナと結婚
  • ギーゼラ・アウグスタ・アンナ・マリア(1897年 - 1901年)
  • ゾフィー・クレメンティーネ・エリーザベト・クロティルデ・マリア(1899年 - 1978年)
  • ラディスラウス・ルイトポルト・ヨーゼフ・アントン・イグナティウス・ベネディクトゥス・ベルンハルドゥス・マリア(1901年 - 1946年)
  • マティアス・ヨーゼフ・アルブレヒト・アントン・イグナティウス・マリア(1904年 - 1905年)
  • マグダレーナ・マリア・ライネリア(1909年 - 2000年)