アウグステ・フォン・アンハルト=デッサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュヴァルツブルク=ルードルシュタット侯夫人アウグステ

アマーリエ・アウグステ・フォン・アンハルト=デッサウAmalie Auguste von Anhalt-Dessau, 1793年8月18日 デッサウ - 1854年6月12日 ルードルシュタット)は、ドイツアンハルト=デッサウ家の公女で、シュヴァルツブルク=ルードルシュタットフリードリヒ・ギュンターの最初の妻。

アンハルト公世子フリードリヒとその妻でヘッセン=ホンブルク方伯フリードリヒ5世の娘であるアマーリエの間の第1子、長女として生まれた。1816年4月15日にデッサウにおいて、母親同士が姉妹の従兄妹同士であるフリードリヒ・ギュンター侯と結婚した。親切で慈悲深い侯妃として領民に深く慕われ、学問や芸術への援助を惜しまなかったとされる。1854年に死去し、ルードルシュタットの侯爵家霊廟に葬られた。夫は1855年、アウグステの弟ゲオルク貴賤結婚でもうけた娘であるヘレーネ・フォン・ライナ伯爵夫人(1835年 - 1860年)と再婚した。

子女[編集]

夫との間に3人の息子をもうけたが、いずれも両親より先に亡くなった。

  • フリードリヒ・ギュンター(1818年 - 1821年)
  • ギュンター(1821年 - 1845年)
  • グスタフ・アドルフ(1827年 - 1837年)

参考文献[編集]

  • L. Renovanz: Chronik der fürstl. Schwarzburgischen Residenzstadt Rudolstadt, S. 49, L. Renovanz, 1860
  • S. Obbarius: Rudolstadt u. seine romantischen Umgebungen, L. Renovanz, 1853