アウグスティーン・ ライザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アウグスティーン・ ライザー(Augustine Ryther、? - 1593年[1]は、イングランド王国印刷家、翻訳家クリストファー・サクストンと共にイングランド地図の印刷を行った。また、科学器具の製作も行った。[1]

Cards from a 1590 pack illustrating counties of England and Wales, with maps largely copied from an atlas by Christopher Saxton. Engraving by Augustine Ryther, after William Bowes.

業績[編集]

ライザーは1579年にサクストンによって発行されたイングランドの地図の一部の印刷に加わっていた。

彼の名前はダラムウェストモーランド州英語版 (1576年)、 グロスターヨーク (1577年)、‘ Augustinus Ryther Anglus Sculpsit Ano Dñi 1579.’と記されたイングランド全土の地図の印刷者として現れる。

彼の名前は1588年に アントニー・アシュレイ英語版によって作られた地図The Mariner's Mirrour にヨドクス・ホンディウス英語版セオドア・ド・ブライ英語版らと共に印刷者としても現れる。[2][3] 1590年、ライザーはウバルディーニ英語版Expeditionis Hispaniorum in Angliam vera Descriptioの翻訳を出版した。[4]その本はA・ハットフィールドによって印刷された。その作品はライザーによってエフィンガム・ホワード卿英語版に捧げられた。 その大さし絵はタイトルと10個の図表で構成され、イギリス海峡及びイギリスの島々での無敵艦隊の様々な経過と敗北が描かれていた。それらは ロバート•アダムス英語版 によって、エリザベス女王の建物の測量士、主要な無敵艦隊の記録が描かれている。ライザーの図、またはアダムスのオリジナル図面はオランダロバート•アダムス英語版 によって描かれ、かつ以前に貴族院にあったスペインの無敵艦隊タペストリーの元となった可能性が高い。ライザーの図の縮小コピーはジョン・パインは彼の無敵艦隊のタペストリーの作品で出版された。 目録ははライザーによって別に出版された。[3]ライザーはまたトーマス・フード英語版とも仕事をしていた。[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b Baigent, Elizabeth, “Ryther, Augustine”, on the website of the Oxford Dictionary of National Biography (subscription or UK public library membership required), http://dx.doi.org/10.1093/ref:odnb/24428 
  2. ^ The Mariner's Mirrour … first made and set fourth in divers exact sea charts by that famous nauigator Luke Wagenar of Enchuisen, and now fitted with necessarie additions for the use of Englishmen by Anthony Ashley.
  3. ^ a b  Ryther, Augustine”. Dictionary of National Biography. London: Smith, Elder & Co. (1885–1900) 
  4. ^ Under the title of A discourse concerninge the Spanishe fleete inuadinge Englande in the yeare 1588, and overthrowne by her Maties Nauie under the conduction of the Right honorable the Lorde Charles Howarde, highe Admirall of Englande, written in Italian by Petruccio Ubaldino, citizen of Florence, and translated for A. Ryther: unto the wch discourse are annexed certaine tables expressinge the seuerall exploites and conflictes had with the said fleete. These bookes, with the tables belonginge to them, are to be solde at the shoppe of A. Ryther, beinge a little from Leadenhall, next to the signe of the Tower.
  5. ^ Epact page.

外部リンク[編集]

Attribution

 この記事にはパブリックドメインの辞典本文を含む: Ryther, Augustine”. Dictionary of National Biography. London: Smith, Elder & Co. (1885–1900)