アイ・オブ・ザ・タイガー (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイ・オブ・ザ・タイガー
サバイバースタジオ・アルバム
リリース 1982年6月
ジャンル ロック
時間 38分08秒
レーベル スコッティ・ブラザーズ・レコード
プロデュース フランキー・サリバン、ジム・ピートリック[1]
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(アメリカ[2]
  • 3位(ノルウェー[3]
  • 6位(オーストリア[4]
  • 12位(イギリス[5]
  • 13位(スウェーデン[6]
  • 17位(日本[7]
  • 23位(ニュージーランド[8]
  • 29位(オランダ[9]
サバイバー 年表
予戒
(1981年)
アイ・オブ・ザ・タイガー
(1982年)
制覇への野望
(1983年)
テンプレートを表示

アイ・オブ・ザ・タイガー』(Eye of the Tiger)は、アメリカ合衆国ロックバンドサバイバー1982年に発表した3作目のスタジオ・アルバム。収録曲「アイ・オブ・ザ・タイガー」がシングルとして全米・全英1位の大ヒットを記録したのに伴い、本アルバムもセールス的に成功を収めた。バンドの母国アメリカではBillboard 200で初のトップ10入りを果たして最高2位に達した[2]。また、サバイバーのアルバムとしては唯一全英アルバムチャートでトップ100入りして、最高12位に達した[5]

「アイ・オブ・ザ・タイガー」がシングル・ヒットした後、「アメリカン・ハートビート」(全米17位[10])や「ザ・ワン・ザット・リアリー・マターズ」(全米74位[10])もシングル・カットされた。また「ザ・ワールド・ビガン」は、1989年のスタローン主演映画『ロックアップ』にジミ・ジェイミソンのヴォーカルによる再録バージョンが主題歌として使用された。

収録曲[編集]

特記なき楽曲はジム・ピートリックとフランキー・サリバンの共作。

  1. アイ・オブ・ザ・タイガー - Eye of the Tiger - 4:05
  2. フィールス・ライク・ラヴ - Feels Like Love - 4:07
  3. ヘジテイション・ダンス - Hesitation Dance - 3:51
  4. ザ・ワン・ザット・リアリー・マターズ - The One That Really Matters (Jim Peterik) - 3:31
  5. アイム・ノット・ザット・マン - I'm Not That Man Anymore - 4:47
  6. チルドレン・オブ・ザ・ナイト - Children of the Night - 4:45
  7. ザ・ワールド・ビガン - Ever Since the World Began - 3:45
  8. アメリカン・ハートビート - American Heartbeat - 4:09
  9. シルヴァー・ガール - Silver Girl - 4:52

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]