アイ・アム・ロボット・アンド・プラウド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
i am robot and proud
ショウハン・リーム}
ショウハン・リーム
基本情報
出身地 カナダの旗 カナダ
ジャンル エレクトロニカ
活動期間 2001年 -
レーベル Darla Records、& Records

i am robot and proud とは、カナダトロント生まれ、在住の中国系カナダ人であるショウハン・リーム (Shaw-Han Liem)による一人プロジェクトである。エレクトロニカを中心に楽曲を作成し、2008年現在、アルバムを五枚発売している。

リームは、トロント王立音楽院で、クラシックピアノを十年間学んでいたが、1990年代半ば、コンピュータでの作曲による電子音楽に転向した。「i am robot and proud」ということばは、リームが高校生だったときに手塚治虫鉄腕アトム』(英語:ASTRO BOY)から着想を得てつけたもので、2000年からプロジェクトの名前として使用している。そして2001年に、イングランドのCatmobile Records からThe Catche を出してデビューした。

i am robot and proud の楽曲は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークマンハッタン区にあるニューヨーク近代美術館制作の短編映画のサウンドトラックにも使われたり、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴにあるシカゴ文化センターでのビデオ作品とのコラボレーションで、ライブを催した。

作品一覧[編集]

アルバム[編集]

  • The Catch(Catmobile Records, 2001年)
  • You Make Me This Happy(Piehead Monthly Series Contribution, 2002年)
  • Grace Days(Catmobile Records, 2003年)
  • The Electricity in Your House Wants to Sing(Darla, 2006年)
  • Uphill City(Darla, & Records, 2008年)
    1. Something To Write Home About
    2. Uphill city
    3. Making a Case for Magic
    4. The melt
    5. 401 Circuit
    6. Island life
    7. Storm of the century
    8. The risk
    9. Song for two wheels
    10. Train station lullaby

シングル、EP盤[編集]

  • Spring Summer Autumn Winter(Mira, 2002年)
  • Electric Avenue 6(Duotone, 2003年)
  • My Sky Your Sky(Duotone, 2005年)

外部リンク[編集]