アイヴァー・ウィン・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイヴァー・ウィン・スタジアム
IvorWynneStadium Hamilton.jpg
施設情報
所在地 75 Balsam Ave. North Hamilton, Ontario L8L 8C1
開場 1930年[1]
閉場 2012年
取り壊し 2013年
所有者 City of Hamilton
グラウンド AstroPlay 2003- 2012
Astroturf 1970 to 2002
Grass 1930 to 1969
旧称
Civic Stadium (1950-1969)
使用チーム、大会
ハミルトン・タイガーキャッツ (CFL) (1950-2012)
Hamilton Minor Football Association
McMaster Maurauders (CIS) (2005-2007)
バニエイ・カップ (CIS) (2004, 2005, 2008)
収容能力
フットボール: 29,600[1]
大型ビジョン

アイヴァー・ウィン・スタジアムIvor Wynne Stadium)は、カナダハミルトンにかつて存在したカナディアンフットボールスタジアム

1930年、第1回大英帝国競技大会のメイン会場として建設された。当時の名称はシビック・スタジアムである。1950年よりカナディアン・フットボール・リーグハミルトン・タイガーキャッツの本拠地となり、ハミルトンにあるマクマスター大学の大学フットボールチームのホームスタジアムともなっていた。過去5回(1932年、1935年、1944年、1972年、1996年)、グレイ・カップが行なわれた。

設備面で不十分な点が多くあったため、メディアや選手からの批判が絶えず、アメリカのテレビ局に試合の放送を拒否されたこともあった。1950年代および1970年代から80年代にかけて、これを受けて座席の増設や人工芝の敷設、カナダ国内最大の大型ビジョンの設置といった大規模な改築・増設工事が行なわれたが、2015年のパンアメリカン競技大会開催にあたり、スタジアムの更なる改築工事の計画が却下され、新たに約1億5000万カナダドルをかけて新スタジアムを建築することが決まり、これを受けて2012年10月27日のタイガーキャッツ対ウィニペグ・ブルーボマーズの試合を最後にスタジアムが閉鎖(その翌週にはブルーボマーズの本拠地カナッド・イン・スタジアムも閉鎖)。タイガーキャッツは2013年のシーズンはゲルフ大学内のAlumni Stadiumを暫定の本拠地として使用し、2014年のシーズンより7月開場予定のティム・ホートンズ・フィールドを新本拠地として使用する。

現在の名称は、マクマスター大学の学生部長でスタジアム整備の提案を行なったアイヴァー・ウィンを記念して1970年より用いられていた。

脚注[編集]

  1. ^ a b http://www.ticats.ca/page/history_ivorwynne Ivor Wynne Stadium

参考文献[編集]