アインシュタイン (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アインシュタイン
2001 Einstein
仮符号・別名 1973 EB
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
ハンガリア群
発見
発見日 1973年3月5日
発見者 P. ヴィルト
軌道要素と性質
元期:2010年7月23日 (JD 2,455,400.5)
軌道長半径 (a) 1.933 AU
近日点距離 (q) 1.742 AU
遠日点距離 (Q) 2.125 AU
離心率 (e) 0.099
公転周期 (P) 2.69
軌道傾斜角 (i) 22.69
近日点引数 (ω) 217.66 度
昇交点黄経 (Ω) 357.13 度
平均近点角 (M) 277.48 度
物理的性質
自転周期 5.47 時間
スペクトル分類 X / Xe
絶対等級 (H) 12.85
アルベド(反射能) 0.10?
色指数 (B-V) 0.720
色指数 (U-B) 0.261
■Project ■Template

アインシュタイン (2001 Einstein) は、小惑星帯内縁部に位置するハンガリア群[1]小惑星である。パウル・ヴィルトがスイスのツィンマーヴァルト天文台で発見した。

ドイツ系アメリカ人の物理学者でノーベル物理学賞受賞者のアルベルト・アインシュタインにちなんで名付けられた。

2001年宇宙の旅』などで知られるSF作家のアーサー・C・クラークは、「“全く不幸な手落ち”により2001番目の小惑星はアインシュタインとかいう人物に割り当てられてしまったため、クラークと命名することはできない」という謝罪文を受け取ったことがある[2]。なお、2010番目の小惑星はチェビシェフ2061番目の小惑星はアンサ3001番目の小惑星はミケランジェロと名付けられ、クラークの名は4923番目の小惑星に付けられている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Spratt, Christopher E. (April 1990). “The Hungaria group of minor planets”. Royal Astronomical Society of Canada, Journal (ISSN 0035-872X) 84 (2): 123–131. http://adsabs.harvard.edu/abs/1990JRASC..84..123S. 
  2. ^ 3001年終局への旅』(アーサー・C・クラーク、ハヤカワSF文庫、2001年)304p

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ハーシェル (小惑星)
小惑星
アインシュタイン (小惑星)
次の小惑星:
オイラー (小惑星)