アイワス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイワス (Aiwass, Aiwaz) は、声によってアレイスター・クロウリーに『法の書』を伝えた知性体である。クロウリーは後にこの霊的存在を自分の聖守護天使とみなした。

『法の書』は、1904年4月8日から4月10日の3日間にカイロでクロウリーが耳にしたアイワスの言葉を書きとめたものとされている。

[編集]