アイルランズ・アイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイルランズ・ア
所在海域 アイリッシュ海
所属諸島 ブリテン諸島
所属国・地域 アイルランド共和国の旗 アイルランド
ダブリン州
テンプレートを表示
アイルランズ・アイの海岸。背景にホウス岬(Howth Head)が見える
アイルランズ・アイにあるマーテロー塔

アイルランズ・アイもしくはアイルランドの目(Ireland's Eye)はアイルランドダブリン州の海岸沿いのホウスHowth)港の真北にある小さな無人島である。この島は、観光用のボートで簡単に訪問することができる。島は、管轄上はフィンガル州County of Fingal)の一部であるが、かつてはダブリンの町の一部であった。

マーテロー塔の残骸と8世紀の教会が過去、この島に居住者がいた名残である。ケルト時代には、島はエリア(Eria)の島と呼ばれていた。エリアとは女性の名前で、これはアイルランド語でアイルランドの呼び名であるエリン(Erin)と混同されていた。バイキングは島(Island)の語を、彼らの言葉で同じ意味のEyに置き換え、そのため島の名前がエリンのアイ(Erin's Ey)となり、最終的にアイルランドの目(Ireland's Eye)となった。

最も特徴的な場所として、スタック(Stack)と呼ばれる巨大な岩がある。これは、ウミスズメオオハシウミガラスフルマカモメカモメ等を含む何千もの海鳥の巣となっている。アイルランドで5番目のカツオドリの巣は、1980年代にこのスタックの上に作られ、毎年、数百のペアがそこで子育てをしている。大きなの巣が島に存在し、ニシツノメドリの数羽のペアが子育てをしている。また、ハイイロアザラシは周囲の海にたくさん生息している。

外部リンク[編集]

Western-Europe-map.png この「アイルランズ・アイ」は、西ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますPortal:ヨーロッパ