アイフェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイフェルの風景
ラークシーの風景、バルカンアイフェルの湖の一つ
アイフェルの位置

アイフェルドイツ西部からベルギー東部にかけて広がる標高の低い山地ノルトライン=ヴェストファーレン州の南西部、ラインラント=プファルツ州の北西部、ベルギードイツ語共同体の南部にまたがる。

アイフェルはライン川地方の中央山塊の一部であり、北部にはアイフェル国立公園がある。

地理[編集]

南はモーゼル川、東はライン川、北はハイフェンスの丘、西はベルギールクセンブルクアルデンヌ高地によって区切られる。

  • 北の大部分はアールヒルズと呼ばれ[1]、アールワイラー地方のアール川の源流がある。
  • アールの南はハイアイフェルと呼ばれ[1] 、アイフェルで最も高い山ホーエアハト(747m)がそびえている。
  • 西のベルギーとの境界にはシュナイフェル(元は雪のアイフェルの意味)として知られる丘(698m)がある。同じく西にはベルギーとルクセンブルクの境界である、イスレックとして知られる地域がある。
  • アイフェルの南の丘は低い。この丘はモゼル県に流れる川がいくつか流れている。中でも一番大きいのがキル川で、この川の片側の丘はキルヴァルトと呼ばれる。
  • 南のアイフェルはモゼル県の北のフォアアイフェルで閉じている。

2004年からアイフェルの110km² はアイフェル国立公園自然保護区として保護されている。

地質[編集]

アイフェルとベルギー、アルデンヌに続く地帯はバリスカン造山運動の一部で、ライン川地方の中央山塊に属する。

アイフェルは主にユーラメリカ大陸の南の海にあったデボン紀粘板岩砂岩石灰岩[2]と、バリスカン造山運動により褶曲した衝上断層からなる。アイフェルの地質学的構造は主にライン渓谷から離れるように南西から北東の方角にずれたであろう褶曲衝上断層である。

地質学で言う第三紀第四紀には広大な火山地帯だった。丘の幾つかは火道であった。火山地方に特有の円形の湖(マール)は火山のクレーターに形成されている。ラークシー火山地帯における最後の噴火は10000年前に起こり、大量の火山灰を作り出し、ヨーロッパを通して同時代の堆積物の層にこの灰を見ることができる。アイフェルの火山はアイフェルのホットスポット(地表にマントルの深部から熱い物質が登ってきている場所)によるもの、また地殻の深部の破壊から溶岩が噴出するものと考えられている[3]。火山はまだ活動中であることが研究によって示されており、アイフェル地方は毎年1から2ミリ上昇している。歴史的にアイフェルの火山の休止期間は10000から20000年であり、将来の噴火が指摘されている[要出典]

[編集]

Lissingen Castle
Eltz Castle
Manderscheid castles

保存状態が良い[編集]

  • Eltz Castle
  • Lissingen Castle
  • Satzvey Castle
  • Dudeldorf Castle

19、20世紀に再建[編集]

  • Bollendorf Castle
  • Genovevaburg
  • Vlatten Castle
  • Cochem Castle

跡地[編集]

  • Gerolstein Castle
  • Gödersheim Castle
  • Löwenburg and Philippsburg
  • Manderscheid castles
  • Monschau Castle
  • Nideggen Castle
  • Schönecken Castle
  • Ulmen castles
  • Nürburg Castle

山と丘[編集]

冬にはアイフェルはよく雪が積もる
  • Hohe Acht (747 m), High Eifel
  • Ernstberg (or Erresberg) (698.8 m), High Eifel
  • Schwarzer Mann (697.3 m), Schnee Eifel
  • Signal de Botrange (694 m), Hohes Venn
  • Weißer Stein (692 m), North Eifel
  • Scharteberg (691 m), Vulkan Eifel
  • Nürburg (678 m), 同名の城もある, High Eifel
  • Prümscheid (675 m), High Eifel
  • Raßberg (667 m), High Eifel
  • Steling (658 m), Hohes Venn
  • Nerother Kopf (647 m), Vulkan Eifel
  • Aremberg (623 m), Ahr Hills
  • Dietzenley (617 m), Gerolstein / Vulkan Eifel
  • Hardtkopf (596 m), South Eifel
  • Michelsberg (588 m), Ahr Hills
  • Hochsimmer (587.9 m), East Eifel
  • Eigart (565 m), North Eifel
  • Rockeskyller Kopf (555 m), Vulkan Eifel
  • Hoher List (549 m), Vulkan Eifel
  • Wildbretshügel (525.3 m), Rur Eifel, Kermeter
  • Kirchberg (520 m), North Eifel
  • Häuschen (507 m), North Eifel
  • Hochthürmen (499.8 m), North Eifel
  • Teufelsley (496 m), North Eifel
  • Kellerberg (448 m), Meulenwald
  • Stockert (435 m), Münstereifel Forest
  • Herkelstein (435 m), North Eifel
  • Veitskopf (428 m), Vulkan Eifel
  • Burgberg (400.5 m), Rur Eifel, North Eifel
  • Sonnenberg (393,3 m), Rur Eifel
  • Calmont (378 m), Pre-Eifel
  • Bausenberg (340 m), North Eifel
  • Landskrone (272 m), Ahr Hills

見どころ[編集]

  • 世界で最も有名なモーターレーシングコースのあるニュルブルクリンクは、アイフェルに位置している。北コース(ノルドシュライフェ)は長く、険しく、危険な地方の森を通過することからグリーンヘルとしても知られる。
  • 考古学的な見どころはアイフェルの水路である。最も長いものの一つはローマ帝国の水路であり、ケルンの街に水を供給している。

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Elkins, T.H. (1972). Germany (3rd ed.). London: Chatto & Windus, 1972. ASIN B0011Z9KJA.
  2. ^ Meyer,W. 1986. Geologie der Eifel, p.4. Schweizerbart'sche Verlagsbuchhandlung, Stuttgart. ISBN 3-510-65127-8
  3. ^ Meyer 1986, p.275