アイネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社アイネス
INES Corporation
Image.jpeg
アイネス本社ビル
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9742
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:102-0075
東京都千代田区三番町26番地
本店所在地 郵便番号:224-8507
神奈川県横浜市都筑区牛久保3丁目9-2
設立 1964年7月28日
業種 情報・通信業
事業内容 システムインテグレーション
ソフトウェア開発
アウトソーシング
ネットワーク
ITコンサルティング
代表者 代表取締役社長 森悦郎
資本金 31,457百万円
発行済株式総数 48,000,000株(自己株式を含む)
(2014年3月期)
売上高 単体31,383百万円、連結35,112百万円
(2014年3月期)
経常利益 単体1,607百万円、連結1,935百万円
(2014年3月期)
純資産 単体41,919百万円、連結43,144百万円
(2014年3月期)
総資産 単体55,661百万円、連結59,161百万円
(2014年3月期)
従業員数 単独1,384名、連結1,656名
(2014年3月)
決算期 3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 7.46%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 3.31%
株式会社日立ソリューションズ 3.25%
(2014年3月31日)
主要子会社 株式会社KDS
株式会社アイ・エス・エス
株式会社SKサポートサービス
新日本システムサービス株式会社
外部リンク http://www.ines.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社アイネス(INES)は、東京都千代田区に本社を置くシステムインテグレーター独立系)。情報処理・ソフトウェア開発・システム提供等のサービス事業が主体の企業。 社名は「Information Network Engineering & Solutions」の頭文字に由来している[1]

沿革[編集]

製品・サービス[編集]

WebRings(ウェブリングス)[編集]

2000年に発表した日本初のWEB型総合行政情報システム。住民記録システム・税総合システム・保健福祉総合システム等を中心に構成される。人口が10万~70万人程度の地方公共団体を主な対象としており、顧客ごとの個別受注・開発を中心としてきたアイネスにとって初の戦略的なパッケージソフトウェア製品[4]2001年にはSAPジャパンの自治体経営管理システムとの連携[5]を、2002年には、e-Japan戦略に対応した自治体の情報化ビジネスで日立ソフトウェアエンジニアリング(現・日立ソリューションズ)及びマイクロソフトと提携し、WebRingsを.NET Frameworkに対応させると発表した。2012年までに150の地方公共団体で採用されている。

総合行政ネットワークASP(LGWAN-ASP)ファシリティサービス[編集]

LGWAN-ASPファシリティサービスを3つのデータセンターで提供している。[6]

資格[編集]

主な加入団体[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]