アイタリデース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイタリデース古希: Αἰθαλίδης, Aithalidēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してアイタリデスとも表記される。ミュルミドーンの娘エウポレメイアとヘルメースの子[1][2]テッサリアーラーリッサの出身[2]アルゴナウタイの1人で、伝令使の役を務めた[3]

母エウポメレイアはプティーアの出身で、アンプリュッソス河畔でアイタリデースを生んだ[4]

アイタリデースは父ヘルメースから、死後も消えない記憶力を授かったといわれる[5]。このおかげでアイタリデースは生前から記憶力に優れ、生まれ変わった後もその記憶を持ち続けた。しかしそれだけでなく死後に経験したことや、生まれ変わったときのことも覚えていて、トロイア人のエウポルボスに転生したときに、そのことを人々に話した。さらにその後もヘルモティモス、ピュロスを経て、ピュータゴラースに転生したという[6]

脚注[編集]

  1. ^ ロドスのアポローニオス、1巻51~55。
  2. ^ a b ヒュギーヌス、14。
  3. ^ ロドスのアポローニオス、1巻640~642。
  4. ^ ロドスのアポローニオス、1巻54~55。
  5. ^ ロドスのアポローニオス、1巻643~648。
  6. ^ ディオゲネス・ラエルティオス、8・4~5。

参考文献[編集]