アイゾット衝撃試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイゾット衝撃試験(アイゾットしょうげきしけん、Izod impact strength test)は、衝撃に対する強さ(靭性)を評価する衝撃試験の方法である[1]

試験値は試験される試料の巾(各規格に試験片の寸法が規定されている。)で破壊に要したエネルギーを割って求めるのでJ/mである。

合成樹脂の機械的性能の評価によく用いられている。

破壊に要するエネルギーは、振り子式の打撃ハンマーを用いて、ハンマーの持ち上げ角度と、試験後のハンマーの振り上がり角度から計算する。

同様の耐衝撃性の試験法には、吸収したエネルギーを試験片の元の断面積で割って求めるシャルピー衝撃試験という衝撃試験もある[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 寺沢正男 『化学大辞典』1、化学大辞典編集委員会(編)、共立、1981年10月、縮刷版第26版、6-7頁。