アイスレーベン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
DEU Eisleben COA.svg Locator map MSH in Germany.svg
基本情報
連邦州: ザクセン=アンハルト州
郡: マンスフェルト=ズュートハルツ郡ドイツ語版
緯度・経度: 北緯51度31分00秒
東経11度33分00秒
標高: 海抜 114 m
面積: 143.81 km²
人口:

24,284人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 169 人/km²
郵便番号: 06295
ナンバープレート: MSH
自治体コード: 15 0 87 130
市庁舎の住所: Markt 1 06295 Eisleben
ウェブサイト: www.eisleben.eu
上級市長: ユッタ・フィッシャー (Jutta Fischer, SPD)
郡内の位置
Lutherstadt Eisleben in MSH.svg
市庁舎と聖アンドレアス教会

アイスレーベンは、ドイツザクセン=アンハルト州の都市である。正式にはルターシュタット・アイスレーベン (ドイツ語: Lutherstadt Eisleben) と称し、マンスフェルト=ズュートハルツ郡ドイツ語版で2番目に大きな都市である。ハルツフォアラントドイツ語版東部にあたり、人口は約24,000人である。

マルティン・ルターが生誕し、死去した地として有名である。最も偉大な出身者を記念して1946年以降、都市名に「ルターシュタット(ルター都市)」を冠している。アイスレーベンとヴィッテンベルクにあるルター記念建造物群は、1996年からユネスコ世界遺産に登録されている[2]。アイスレーベンは、ルターシュタット連合に加盟している。アイスレーベンとヴィッテンベルクのルター関連施設は、ザクセン=アンハルト州ルター記念財団ドイツ語版にまとめられている。

地理[編集]

中心部はハレ (ザーレ)から西に30 kmにある。細長く伸びる低地は、アイスレーベン低地ドイツ語版と呼ばれ、マンスフェルト=ズュートハルツ郡の南東部に位置する。都市の領域はほとんどが農地である。地形はウンターリスドルフとオーバーリスドルフの間でマンスフェルト高原ドイツ語版、メッテルゲビルゲ高原の低い部分へ高さを増し、市街地は高原の主要地を占める。市街地の南部は森林が生い茂る丘陵であるホルンブルク鞍部ドイツ語版へと延び、南端のオスターハウゼン地区はほとんどヘルメ渓谷ドイツ語版にかかっている。

近隣の自治体[編集]

隣接する自治体には、北部ではゲルプシュテットドイツ語版、東部ではゼーゲビート・マンスフェルダー・ラントドイツ語版 、南部ではファルンシュテットドイツ語版クヴェーアフルトドイツ語版(両自治体ともザーレ郡ドイツ語版)、西部では、アルシュテットドイツ語版ボルンシュテットドイツ語版ヴィンメルブルクドイツ語版ヘルギスドルフドイツ語版ヘルブラドイツ語版クロスターマンスフェルトドイツ語版がある。

都市構成[編集]

中心市街地には、エルンスト=テールマン=ジードルングドイツ語版ヴィルヘルム=ピークジードルング(ネッケンドルフ[3] とオーバーヒュッテ[4]を含む)が含まれる。この他の地区は以下の通り。編入の日付[5][6][7][8][9][10]を付加する。

地区 人口 編入年月日 アイスレーベンの地区
Districts of Eisleben.svg
ヘルフタドイツ語版 約6,000 1960年1月1日
フォルクシュテットドイツ語版 1,271 2004年1月1日
ローテンシルムバッハドイツ語版 672 2005年1月1日
ヴォルフェローデドイツ語版 1,309 2005年1月1日
ポルレーベンドイツ語版 1,079 2006年1月1日
ウンターリスドルフドイツ語版 461 2006年1月1日
ビショーフローデドイツ語版 693 2009年1月1日
オスターハウゼンドイツ語版 1,031 2009年1月1日
シュマルツェローデドイツ語版 288 2009年1月1日
ヘダースレーベンドイツ語版 755 2010年1月1日
オーバーリスドルフドイツ語版 約200 2010年1月1日
ブルクスドルフドイツ語版 196 2010年1月1日

河川・湖沼[編集]

都市領域には、複数の小川が流れる。中心市街地には例としてベーゼ・ジーベンドイツ語版小川(「悪い7」の意)がある。フォアハルツから流れる7つの小川が合流したものであり、 以前は特に壊滅的な洪水をもたらしたことから「ベーゼ(悪い)」と名付けられている。ベーゼ・ジーベン小川は東へ流れ、ズュース湖 ドイツ語版(「甘い湖」)に注ぐ。他の河川には、北部のシュランツェ川ドイツ語版があり、ポルレーベンを源を発し北東に流れ、ザーレ川に 注ぐ。シュランツェ川も洪水時に特に急激に水位が上昇することがある。小さな河川としてはグルーメ川 (Glume) が挙げられる。ヘルブラ南部に源を発し、アイスレーベン東部でベーゼ・ジーベン小川に合流する。より小さな小川には、ラヴァーケ (Laweke) 小川があり、ヘダースレーベン地区に源を発し、東に流れる。美しい景観は、フォルクシュテット南部のヘーゲボルンバッハ (Hegebornbach) 小川による渓谷である。小川はフォルクシュテット西部に源を発し、アイスレーベン東部でグルーメ川に合流する。南部で重要な河川は、ローネ川であり、ボル ンシュテット付近に始まり、オスターハウゼン地区を流れる。

気候[編集]

アイスレーベン=ヘルフタの気候グラフ[11]

アイスレーベン=ヘルフタの平均気温は8.5℃であり、年間降水量は509ミリメートルである。 年間降水量は非常に低く、他のドイツ国内の観測値の中で下位の20分の1に含まれる。ドイツ気象庁の 観測地点のわずか2%が、これよりも低い値を観測している。最も乾燥した月は2月であり、降水量のほとんどは6月である。6月では2月に比べて1.9倍以 上の降雨がある。降水量はほとんど変化せず、年間を通じて非常に均等に分布している。これよりも低い季節変動が観測地点は、わずか7%である。

歴史[編集]

民族大移動期[編集]

3世紀から5世紀の民族大移動時代には、スエビ族の諸部族、アンゲル族ヴァルネ族ドイツ語版ホルシュタインシュレースヴィヒメクレンブルクドイツ語版の地から南方へ移動した。テューリンゲンまでのエルベ川ザーレ川の西部には、この移動が地名の語尾「-レーベン」からうかがい知ることができる。例えば、ハルデンスレーベンドイツ語版エアフルトの間にある約100の都市や村の名称がこうして生まれた。ヘルマン・グレースラードイツ語版 によると、「レーベン」はこの文脈では遺産、世襲地を意味する。地名の前部は、領主の種族と関連する[12]

5世紀には、移住者が先住のヘルムンドゥリ族ドイツ語版 と混交し、テューリンゲン族ドイツ語版の国に属していたが、この国は531年にフランク族によって滅ぼされた。北テューリンゲンはザクセン族が征服し、定住した。その後は、フランク族の諸王が、いくつかの地域にシュヴァーベンヘッセンフリースラントから農民を入植させた。こうしてシュヴァーベンガウドイツ語版ヘッセガウドイツ語版フリーセンフェルトドイツ語版といった地方名ができた[12]

中世[編集]

ファウル湖の水城[編集]

9世紀と10世紀には、いわゆる「ファウル湖(Faulenr See, 腐湖の意)」の西岸に水城 (Wasserburg) が建設された。994年11月23日付の文書にアイスレーベンの名が見られる。これは後の皇帝オットー3世によるもので、既に貨幣鋳造権、関税権を含む市場特権を持つ6か所の内の一つとしてであった。交易路の交差点に位置し、王の水城に守られて発展した市場町は、王の私有財産であり、周辺の村々からの税はここで徴収された[13]

ニンニク王[編集]

ニンニク王

1081年にはアイスレーベンでザクセン諸侯が、ザルム伯ヘルマン・フォン・ルクセンブルク(1053年 - 1088年)をハインリヒ4世の対立王に選出した選挙を承認した。なおヘルマンはこの時イタリアに滞在中であった。ヘルマンはアイスレーベンの水城を居城としたが、ハインリヒ4世がフリースラントから向けた軍勢に包囲された。エルンスト・フォン・マンスフェルト伯が援軍を遣し、フリース人を打ち破った。戦場は、長きにわたりフリース人通り (Friesenstraße) と呼ばれ、今日はフライ通り (Freistraße) となっている[14]。 1084年までヘルマンは、実際に王位に就くべく手を尽くしたが、十分な支持を集めることができず、街を去った。当時、城壁の前にたくさんのニンニクが生えていたことから、人々から「ニンニク王 (Knoblauchkönig, Knoblauchskönig)」と呼ばれた[15][16]。市庁舎の北側の壁にある砂岩の彫刻は、伝承によると[17]、ニンニク王を表したものである。今日、王は観光宣伝のイメージキャラクターとなっている。

都市として初の記録文書[編集]

1069年にはマンスフェルトに居城を持つマンスフェルト家ドイツ語版が、皇帝ハインリヒ4世からガウ伯領ドイツ語版を授けられた。アイスレーベンは間もなくこの伯爵領の中心都市へと発展した[13]。 1121 年から、マンスフェルト伯は、市政府のために都市代官を置いた。アイスレーベンが、初めて自主的に選出した市長を持ったのは1809年以降のことであ る。1150年頃、「ファウル湖」の干拓が始まった。居住地域の東端に位置する湿地帯であった。マクデブルクの司教ヴィヒマン (Wichmann) は、排水溝や堤防建設のため、フリース人フラマン人を招き、後のニコライ地区 (Nicolaiviertel) となる地に入植した。その痕跡は、今日でも例えば防塞付近のたくさんの堀や堤防に見て取ることができる[15]

12世紀の半ばには都市壁の建設が始められた、市場や周辺の通りを囲んでいた。壁は都市住民によって造られ、手工業組合ごとに持ち場が決められ、保守と防衛に責任を負っていた。門の警備は、都市が雇用した都市警吏ドイツ語版がその任に当たった[15]。この壁は市場といくつかの周辺の通りのみを囲んでいた。

1180 年にアイスレーベンは、初めて都市 (Civitas) として文書に記録された。都市代官 (Stadtvogt) のもとに市参事 (Consules) が12名が置かれていた。都市市民はマンスフェルト伯に貢納の義務を負い、都市の裁判権はその下に置かれた。現在までで知られる限り、最初にアイスレーベ ンで貨幣が鋳造されたのは、1183年のことである。教会の小教区には、聖アンドレアス小教区、聖ゴットハルト小教区があった[15]

銅鉱山の起源[編集]

1200年頃、ヘットシュテットにある銅山で銅鉱脈が見つかった。伝説によれば鉱夫ナッピアン (Nappian) とノイケ (Neucke) によるもので、今日ではマンスフェルト鉱山を象徴する人物となっている。当初、農民は自分の土地を採掘したが、間もなく産業となっていった。1215年に皇帝フリードリヒ2世は、マンスフェルト伯に鉱山支配権ドイツ語版を授け、1364年には、カール4世によって承認された[15] 。 鉱業は経済構造を変え、伯爵と都市、両者の富の基礎となった[15][13]

ヘルフタ修道院[編集]

シトー会のマリア修道院は、マンスフェルト伯ブルヒャルト (Burchard) 1世によって設立され、当初はマンスフェルト城ドイツ語版の 近くに建てられた。これにはアイスレーベンの聖カタリナ病院 (Katharinenhospital) が属していた。1234年に修道院は伯爵ブルヒャルトの未亡人によって今日のロスドルフ廃坑(アイスレーベンの北西、カタリーネンヘルツヒェン (Katharinenhölzchen , カタリーナ林の意)付近、1229年にはロートヘルスドルフ (Rodhersdorf)、直近にはロストドルフ (Rostdorff) と記された)に移されたが、マンスフェルト城付近という土地柄ではあったものの、賢明な選択ではなかった。この地は水の確保が非常に困難で、ロスドルフへ の移転は、芳しいものではなかった。

1258年、女子大修道院長であるゲルトルート・フォン・ハーケボルン (Gertrud von Hakeborn) の発議で、移転することとなった。彼女の兄弟のアルブレヒトとルートヴィヒは、ヘルフタに城と領地を所有していたため、ヘルフタの土地の一部を売却するよ う願い出た。こうして修道院は、現在のヘルフタ修道院ドイツ語版の地に移転した。この地は今日、アイスレーベンの一地区となっている。修道院は1284年にゲプハルト・フォン・クヴェーアフルト (Gebhard von Querfurt) による略奪にあった。

カタリーナ参事会農場 (Katharinenstiftgut) 管理者の家

1342年にブラウンシュヴァイク公爵が都市を包囲したが、失敗に終わった。この間、周辺の村や修道院が破壊された。その後、市壁の第5次拡張が開始された。修道院は、都市堡塁の端に移転された。今日の修道院広場の地である。しかし修道院の移転はここでも終わらなかった。1525年に「新ヘルフタ修道院」が農民戦争で蜂起した農民によって荒 らされると、女子大修道院長カタリーナ・フォン・ヴァッツドルフ (Katharina von Watzdorf) と修道女らは、差し当たりハレに逃げ延びた。その後、皇帝カール4世から命令が下された。メーレンに移り、その地に修道院を再建せよ、というのである。しかし同年の内に、マンスフェルト伯ホイアー4世 ドイツ語版は力を尽くして修道院を再建し、こうしてアルト=ヘルフタの地に戻ることができたのであった。しかしこの地も修道女にとって安住の地ではなかった。 宗教改革は1542年に、プロテスタントの 礼拝の導入を強制した。あらゆる手を尽くして、最後の女子修道院長ヴァルブルガ・ロイバース [Walburga Reubers) を筆頭に、信仰を忠実に守る女性たちをプロテスタントに改宗させようしたが、これに失敗すると、プロテスタントとなったゲオルク・フォン・マンスフェルト =アイスレーベン伯爵は、1546年に修道院を解散した。修道女は離散した。修道院の最後に残る記録は、1542年6月19日のものである。こうして破壊 された村々から多くの農民が、伯爵の許しを得て、ベーゼ・ジーベンドイツ語版小川(当時の呼称はヴィラーバッハ (Willerbach))の対岸へと移り住んでいった。ラムトーア通り (Rammtorstraße) には、今日、都市農民ドイツ語版の典型的な家屋が残る。修道院の再建が始まったのは、1998年のことである[15]

1498年の建設と都市火災[編集]

その後の100年は、繁栄の時代が続いた。ハルバーシュタット司教との確執から、1362年に都市は包囲されたが、堡塁で守り切ることができた。1371年には聖霊参事会 (Heilig-Geist-Stift) が初めて記録され、1408年には初の市庁舎が石造りで建設された。1462年には「聖ニコライ教会 (St.-Nicolai-Kirche)」 の聖歌隊席が聖別された。この教会は、ゴットハルト教会の基礎壁の上に建設されたものである。1433年にはマルクト広場に建つ、秤をもつ織物商館が記録 されている。今日のマルクト22番地に当たる場所である。1440年には、家屋所有者は530人、人口は4,000人を数えた。1447年に聖ペトロ=パ ウロ教会の塔の建設が始まり、ニコライ教会とアンドレアス教会のものは1462年に開始された。 1454年、市参事はマンスフェルト伯から、900ライン・グルデンドイツ語版の担保に、道路舗装に関する下級裁判を手に入れた。伯爵はその後、この担保を請け出すことができなかった[18]

ルター記念碑

1483年11月10日、マルティン・ルターがランゲガッセ (Lange Gasse) (郊外の橋地区 (Brückenviertel, trans aquam) )のマルティン・ルターの生家ドイツ語版で生まれた。今日はルター通り (Lutherstraße) となっている。明くる日、聖マルティヌスの日に、 聖ペトロ=パウロ教会で洗礼を受けた。ルター家がアイスレーベンに住んだのは、1484年の春までであった。しかしルターは、洗礼を受けたこの都市と終 生、関係を持ち続けた。近年、市政と観光業界は、この結びつきを大きく取り上げ、特に2017年の宗教改革記念年が当てはまる[19]

1480 年から1520年にかけて第二の都市壁が建設された。この場合、郊外のペトロ地区(農民)、ニコライ地区(フリース人)とヌスブライテ (Nußbreite)(鉱夫)が都市に加わった。1498年には、第一の都市壁内が壊滅的な火災に見舞われた。多くの住宅だけではなく、市庁舎も焼失 し、聖アンドレアス教会も損傷した。マンスフェルト伯は、5年間、税金を免除することとし、これにより住民の流出に歯止めをかけることができた。

ルネサンス[編集]

郊外を含む旧市街の再建[編集]

1498 年に最古の都市壁内(アンドレアス地区/マルクト地区)が大火で壊滅した後、マンスフェルト伯の1498年8月17日[20]付けの特権に基づき、再建が開始された。差し当たり順調に進み、初期は後期のゴシック建築の要素が用いられた。都市壁を拡張による郊外の取り込み、水の供給[21]の面で役立ったことに、1480年から1566年にかけて、つまりマクデブルク大司教が同時にハルバーシュタットの管理者であった時代、マンスフェルト伯がマルクト地区(ハルバーシュタッ司教区)と郊外(マクデブルク大司教区)の封建領主を兼ねていたことが挙げられる。1520年から1540年にかけて、宗教改革はアイスレーベンとマンスフェルト伯領で段階的に進み、特に1525年にヨハネス・アグリコラドイツ語版が福音派の男子校を設立した。これは1546年の「ルターの条約 (Lutherische Verträge)」によって設立されたラテン語学校ギムナジウム)の前身である。

後期ゴシックの建築様式からルネサンスへの移行は、旧市街の市庁舎ドイツ語版、ヒンターオルトの都市居所(1500年/1589年)、聖アンドレアス教会の装飾に見ることができる。都市の再建で特筆すべき人物としては、ベルンディウス・ブランケンベルク(Berndinus Blanckenberg, 1470年頃-1531年)がいる。1507年から市参事、1518年から都市代官を務めた。彼の墓碑銘はハンス・シュレーゲル (Hans Schlegel)[22]によってルネサンス様式で制作され、聖アンドレアス教会にある。同教会内には、同じくシュレーゲルの手になるホイアー4世・フォン・マンスフェルトドイツ語版伯爵の棺型墓(1541年)がある。

都市再建は、16世紀の始めの3分の1の期間は大いに進んだが、1530年以降はマンスフェルト鉱山の危機のために、かつての勢いを 失っていった。しかしながら1538年と1560年に墓地 (Campo Santo)、1564年にはラテン語学校の校舎、1566年には聖ペテロ=パウロ教会の尖塔のルネサンス様式の円蓋、カタリーナ修道院の管理棟、1571年から1589年にかけてノイシュタット市庁舎、1585年から1608年にはアンナ教会が完成した。

1601年には大火が起き、とりわけルネサンス様式の水城、ミッテルオルトの都市居所、ギムナジウム、秤、多数の住民の家屋が破壊されたが、大規模な再建は見られなかった[23]。その原因には、1570年にマンスフェルト伯の財産接収、1573年と1579年の財産分割と交換がある[24]。ハルバーシュタットとマクデブルクのザクセン選帝侯は、アイスレーベンをその郊外と交換した。また三十年戦争の負担、鉱山と関連産業の衰退もある。これは1671年にザクセン選帝侯が鉱山を開放するまで続いた[25]。これらと入り組んだ行政機構(1780年までは伯爵による行政もあった)が相まって、都市は経済的に凋落していった。これは18世紀末まで続き、建築物に明瞭に表れている

ノイシュタットと宗教改革[編集]

ノイシュタットの市庁舎

1501年、マンスフェルト伯家は分割相続のため「マンスフェルト=フォアダーオルト (Mansfeld-Vorderort)」「マンスフェルト=ミッテルオルト (Mansfeld-Mittelort)」「マンスフェルト=ヒンターオルト (Mansfeld-Hinterort)」の3家に分かれた[26]。16世紀初頭には3家がそれぞれアイスレーベンに都市居城を構えた[13]。アルブレヒト4世伯爵(1480年-1560年)、「ヒンターオルト家」支流の末裔が、鉱山の活性化のため、ドイツの他の地域から鉱山や精錬所で働く労働者を呼び寄せ、旧市街の西方に住まわせ、この集落に都市権を与えた。この集落は「アイスレーベン近郊新都市 (Neue Stadt bei Eisleben)」、今日では「ノイシュタット(新市街)」または「アンネ地区 (Annenvierte)」と呼ばれている。

今日の「ブライト道」に、1571から1589年にかけてノイシュタットの市庁舎ドイツ語版が建設され、1848年にはここに地方裁判所、都市裁判所が置かれ、1853年には郡裁判所となった。そのためこの建物は「旧裁判所 (Alte Gericht)」と呼ばれている。1514年、皇帝マクシミリアン1世は、アルブレヒトに都市権の取り消しを要求した。アルブレヒトは、この要求に反対し、その代わりにアウグスティーノ隠修士修道院であり、教会を備えたアンネ修道院 (Annenkloster) を設立した。ここでアルブレヒトは1518年にルターと対面している。1520年にアンネ修道院のアウグスティーノ派の総会では、ルターの教えに賛同する旨、決議した。修道院は1523年に解散した[15]。 マンスフェルト=フォアダーオルト家がカトリック信仰を堅持したのに対し、ゲルハルト7世率いるマンスフェルト=ヒンターオルト家、特にアルブレヒト7世・フォン・マンスフェルトドイツ語版はルターと友人であり、宗教改革の思想に共鳴した[27]。1525年に2人は、福音派の教義を導入し、聖アンドレアス教会の隣に福音派学校の設立を決定した[15]。しかし両者の臣下に対する扱いは、カトリックの親類と比べて良い、また悪いということはなかった。ドイツ農民戦争には、アイスレーベン出身の不満を持つ鉱山労働者が多く参加し、マンスフェルト伯領のほとんどを荒廃させたが、アルブレヒト7世は、この燃え上がる蜂起を残虐かつ無慈悲に鎮圧した。宗教改革戦争の混乱では、マンスフェルト家の親類縁者が敵味方に分かれ戦うという事態に至った[26]。農民戦争では、ホルツツェレドイツ語版ベネディクト修道院とヘルフタ修道院が荒らされ、修道女は追放された。1529年にはペストで数百人のアイスレーベン住民が死亡した。ホイアー4世・フォン・「マンスフェルト=フォアダーオルト」の死とともに、マンスフェルト地域で宗教改革の最大の反対派の1人が姿を消した(棺型墓はアンドレアス教会にある)[15] 。ルター自らが幾度となく伯爵家の抗争、とりわけノイシュタットをめぐる確執の調停を試みた。ルターが最後に訪れたのは1546年のことであった。2月16日にルターは、ユストゥス・ヨーナスドイツ語版とともに初のラテン語学校のために寄付行為書に署名した。ここは今日、マルティン=ルター=ギムナジウムドイツ語版となっている。1546年2月18日、マルティン・ルターはアイスレーベンで死去した。これを記念し、マルティン・ルター死去の家ドイツ語版が保存されている。宗教改革に加わった廉で、アルブレヒト7世は、皇帝カール5世から帝国アハト刑に処せられた。しかし1552年にはこの処分を解かれた[26]

1550年には、再びペストが流行し、1,500人の死者が出た。多くの鉱山労働者が都市を去ったため、1554年には鉱区の一部を閉鎖せざるをえなかった。賃金が切り下げられると、動揺が広がり、ストライキが発生した。1562年には、聖カタリーナ教会が焼失したが、再建されることはなかった。ザクセン選帝侯アウグストは、1567年は侯の説教者に敵対的な文書を印刷したアイスレーベンの印刷所を閉鎖に追い込み、印刷工は逮捕された。数知れぬ分割相続、過度の支出、経済不況のため、1570年、ついにマンスフェルト伯爵家は破産した。伯爵家は主権を失い、ザクセンの手に渡った。こうしてアイスレーベンにはザクセンから総監が送られてきた。鉱山での労働力不足のため、都市を離れようとする者は処罰の対象となった[15]

17世紀と18世紀[編集]

大火災、ペスト、三十年戦争[編集]

1689年の大火前のアイスレーベン、1647年、マテウス・メーリアン
旧教区監督官舎

17世紀初年の1601年には、都市は過去最の火災に見舞われた。都市の中心部では、木組みの家が密集していたため、火は瞬く間に燃え広がった。被害は家屋253棟、教区監督官舎、秤、アンドレアス教会の尖塔、マンスフェルト伯の都市宮殿にのぼった[28]。特に鉱山労働者が困窮し、1621年2月8日には、貨幣鋳造主任ツィーゲンホルン (Ziegenhorn)のブライト道にある屋敷が包囲されるに至った。1,000人もの鉱山労働者が、貨幣偽造をやめるよう要求した。1626年には新たにペストが流行し、数百人の死者を出した。1628年にはアイスレーベンにヴァレンシュタインがやって来て、三十年戦争の戦火に包まれた。都市はカトリック同盟ドイツ語版の傭兵によって荒廃した。その結果、鉱山も操業停止となった。1631年には、両陣営の軍勢が入れ替わり都市を通過し、宿泊と糧食を提供するよう強いられた。1635年にザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世皇帝フェルディナンド2世の間で単独講和が締結されると、全教会で、感謝のミサが執り行われた。しかし1636には、スウェーデン軍の略奪にあった。襲撃は1644年まで続いた。1653年にはまたも大火が起こり、166の家屋が失われ、1681年にはペストによって900人が命を落とした。ルターの生家は1689年の大火で1階まで焼失した[15]

再建[編集]

1671年にザクセン選帝侯は、マンスフェルト地域の鉱山の「開放」を許可した。これは鉱山の発展を進め、工業化するための前提となった。1691年には秤の家 (Waagehaus) が再建された。1693年にはルター生誕の家が続いた。現在、慈善学校、博物館として利用されている[15]

貴族リンク家 (Rinck) の住居は、1498年の大火後、16世紀初頭にフォアダーオルト家系の都市居所として再建され、1563年からは伯爵の官房が置かれ、1689年の大火後、1707年には完全に建て直された。1716年からこの官房は、マンスフェルト伯領の内、接収から解除されたプロイセン王国領の業務を担ったが、1780年に封土の相続によって閉鎖され、1789年からはザクセン選帝侯の上級官吏が使用した[29]。1798年7月14日にザクセン選帝侯国政府の主導で、アイスレーベン鉱山学校ドイツ語版が設立された。鉱山技官のための教育機関としてであった。

19世紀[編集]

ナポレオン戦争[編集]

アイスレーベンのシナゴーグ

プロイセン王国が1806年にイェーナ・アウアーシュテットの戦いでフランス帝国に敗北すると、フランス軍に占領された。アイスレーベンはプロイセン王国ではなく、ザクセン選帝侯国領であったにもかかわらずである。市内には公示が貼り出され「ザクセン選帝侯国全土は中立である」と確約していたにもかかわらず、都市の備蓄のすべてが徴発された。フランスはマンスフェルト伯領を、ナポレオンの弟ジェロームのもとに新設されたヴェストファーレン王国に編入した。

こうしてここでも農奴制が廃止され、経済的自由権三権分立ユダヤ人の同権、フランス民法典教会記録簿ドイツ語版の謄本が導入された。新市街は旧市街に編入された。旧来の諸制度の廃止により、ユダヤ人商人の都市居住が可能となり、1814年には初のシナゴーグを建設することができた。場所はラング小路 (Lange Gasse)、今日のルター通りであった。

ナポレオンが1813年にライプツィヒの戦いで敗北すると、ヴェストファーレン王国のマンスフェルト地への支配は終焉を迎えた。プロイセンのワシの紋章がヴェストファーレン王国の紋章に取って代わった。解放戦争にアイスレーベンも関与している。上級鉱山監督局長フォン・フェルトハイム (von Veltheim) (1785年–1839年)の指揮の下、義勇工兵大隊を編成し、参戦した。[13][15]

復古[編集]

1815 年、旧マンスフェルト伯領は、ウィーン会議の結果、プロイセン王国に編入された。自治体アイスレーベンは、1816年は、マンスフェルダー・ゼー郡ドイツ語版(マンスフェルト湖郡)に属し、郡庁はアイスレーベンに置かれた。1817年、ルター派学校の新しい建物をマルティン・ルターの生家ドイツ語版の中庭に建設した。最初の郵便局は、1825年にいわゆる「地方飛脚郵便 (Land-Fußbothen-Post)」として聖ペテロ教会の隣に開設された。アイスレーベン師範学校 (Eisleber Lehrerseminar) が聖ペテロ教会の後の敷地内に設立された。1910年は、上方の都市公園に建物を新築し、現在はマルティン=ルター=ギムナジウムドイツ語版となっている。師範学校は1926年まで存続し、ルター学校を訓練学校とした。1827年には、聖霊門 (Heilig-Geist-Tor) とラントヴェーア (Landwehr) の間のハレ街道 (Hallesche-Chaussee) の拡張とともにアイスレーベンの道路の強化が始められた。1835年には新市立病院が完成した。1847年は、飢饉のため社会不安が高まり、当局によって軍事力をもって鎮圧された。ユダヤ人共同体は増加の一途をたどり、礼拝場所が手狭になったため改築され、1850年に新アイスレーベン・シナゴーグドイツ語版が完成した[13][15]

産業革命[編集]

アイスレーベン付近の4基の炉、鉱滓置場、1895年頃
アイスレーベンでの地盤沈下:ブライト道 (Breiter Weg) の家屋。1895頃

1852 年にはマンスフェルトにある5つの鉱山事業所が合併し、マンスフェルト含銅粘板岩組合 (Mansfeldische kupferschieferbauende Gewerkschaft) に統合された。1858年には、都市防塁で最後に残る部分が取り壊された。1863年には、ハレカッセルを結ぶ鉄道線の建設が開始された。最初の区間は1865年に営業を開始した。オーバーヒュッテ (Oberhütte)、ミッテルヒュッテ (Mittelhütte) が操業を停止すると、都市の西方でクルークヒュッテ (Krughütte) とクプファーローヒュッテ (Kupferrohhütte) での採鉱が始まった。マルティン坑とクルークヒュッテの間には、1871年、ヨーロッパで最初のケーブルカーが設けられた。排石の輸送に使用された[30]。1883年に宗教改革者ルターの生誕400周年を記念して、ルドルフ・ジーメリングドイツ語版によるルター記念碑がマルクト広場に建立された[13][15]

1892年には、ザルツィヒ湖 ドイツ語版の水が下方の杭に浸水し、市中心部までに至った。そのため湖は1893年に排水が開始され、こうして地図上から姿を消した。その結果、アイスレーベンの都市部には深刻な地盤沈下が発生した。1898年までに440棟以上の住宅が被害を受け、その多くは解体を余儀なくされた。多くの建物には、今日でも損傷または修理の跡が見られる。多くの立坑に被害が出たため、大量解雇を余儀なくされた。鉱山被害への補償は遅々として進まず、また公正を欠くものであったため、ついには住民の暴動を引き起こした。1896年にはマンスフェルト含銅粘板岩組合は50万マルクを家屋所有者に支払うことになった[13][15]

20世紀[編集]

1908年と1950年の東ドイツの地区改革ドイツ語版まで、アイスレーベンは、独立した都市郡であった。

高度経済成長と第一次世界大戦[編集]

20世紀はアイスレーベンで最初の電気路面電車の開業で幕を開けた。1900年6月12日に鉱山700周年記念祭が、皇帝ヴィルヘルム2世と皇后の臨席の下、盛大に執り行われた。 好調な鉱山のおかげで、第一次世界大戦前の期間には都市の生活状況は一般に上昇した。人口は2万5,000人以上に増加し、アイスレーベンは「郡独立市」となり、マンスフェルダー・ゼー郡から分離した。公共の建物が新築された。鉱業学校(1903年)、新病院(1904年)、下水道と下水処理場、新上級実科学校ドイツ語版(現在の「ショル兄妹」小学校)、カタリーナ通りの新女子小学校(1911年)、師範学校の新規建物(1911年)と地域歴史博物館(1913年)である。1909年に鉱山労働者は、労働組合結成の権利を求め、ストライキを決行した[13][15]

アイスレーベンの第一次世界大戦の戦死者は、都市の公式記録によると575人である[13][15]

ヴァイマル共和国[編集]

1921年の5月闘争:アイスレーベンの革命的労働者が警察に拘引される。

1921 年2月20日のプロイセン州議会ドイツ語版選挙で、中部ドイツの工業地域では、左翼諸政党が過半数を獲得した。共産主義者の政権掌握を恐れから、1921年3月19日、ヴィルヘルム・アベックドイツ語版が組織するプロイセン警察部隊がヘットシュテットドイツ語版とアイスレーベンに派遣された。操業を維持させるためであった。中部ドイツの5月闘争ドイツ語版に際して、労働者階級に約100名の犠牲者が出た。

1931年以降、マンスフェルトの操業停止を避けるべく、銅鉱は政府からの助成金を受けた。この地域の経済の大部分が依存していたためである[13][15]

ナチス時代と第二次世界大戦[編集]

アイスレーベンの血の日曜日ドイツ語版:ブライト道 (breiter Weg) 30番地の各奥にある記念銘版。1933年にドイツ共産党の事務所が置かれていた。

1933 年2月12日、突撃隊の一団が、ブライト道 (Breiter Weg) のドイツ共産党 (KPD) 下級地区司令部の事務所を襲撃し、多数が負傷し、3名が殺害された。東ドイツ時代は「ファシズム犠牲者通り (Straße der Opfer des Faschismus)」と呼ばれていた。以来、これをアイスレーベンの血の日曜日ドイツ語版という。

1938年11月9日には「水晶の夜」事件が起き、私服の突撃隊、親衛隊員がシナゴーグに押し入り、破壊した。ユダヤ人は虐待され、財産は破壊された[31]

ユダヤ人はドイツ中で差別を受けたため、多くはアイスレーベンを、さらにはドイツを去った。1938年には残るユダヤ人は42人であり、少なくともその内21人はショアーで殺害された[32][33]

有名なナチスは、後の武装親衛隊中将ルドルフ=ヘルマン・フォン・アルヴェンスレーベン、後の親衛隊大佐で、マイダネクの収容所司令官ヘルマン・フロアシュテットであった[34]

他にも、聖職者もナチ政権に抵抗し、告白教会ヨハネス・ノアークドイツ語版牧師が「国家煽動」の廉で投獄され、その結果、1942年に死亡した[35]第二次世界大戦中、913人の住民が命を落とした[13]

戦争の終わりに至るまで、アイスレーベンはほとんど無傷であった。重要でないとは言えない鉱工業地帯の只中にあるにもかかわらずである。すべての学校や病院は、数千もの負傷兵の軍病院として使用された。アメリカ軍は1945年4月13日、ハルツ要塞ドイツ語版の南部周辺に到達し、アイスレーベンは戦うことなく降伏した[36]アメリカ第1軍は即座に捕虜収容所を開設した。ヘルフタ近郊のヘルマン坑の斜面の北と東側にである。約8万m²の敷地に、ドイツ兵と民間人が野営状態で収容された。一時的に9万の捕虜が収容され、その内2,000人から3,000人が非人道的な状態のために死亡した。収容所は1945年5月23日に閉鎖され、捕虜は他の都市に移送された。死者の遺体は、今日に至るまで発見されていない。命を落とした人々を追悼するため、1995年5月20日に戦争捕虜記念碑が設置された[37]

戦後[編集]

1945年7月2日には、ソ連赤軍がアイスレーベンに進駐した。第1次ロンドン分割協定ドイツ語版ヤルタ会談の決定のため、ソ連占領地域の一部となったのである。これを歓迎して、アイスレーベンの共産主義者は、レーニン記念碑ドイツ語版の計画を発表した[13][15] 。 1945年8月1日には、買い取った建物に714席を持つアイスレーベン市民劇場 (Bürgertheater Eisleben) の幕が開けた。これは戦後ドイツ初の劇場である。

フェーリクス・エッケ (Felix Ecke) の変名[38]ラルフ・ヴィーナードイツ語版が設立し、運営していた。

アイスレーベンの都市印章(1500年頃)
東ドイツの切手。1970年ドイツ語版

1946年には、マルティン・ルターの死去400周年を記念して、「ルターシュタット」の称号が授与された。1949年3月22日には、2,000人以上の住民がドイツ統一を訴えるデモを行った。1950年、アイスレーベンは東ドイツ大統領ヴィルヘルム・ピーク臨席の下、マンスフェルト鉱山750周年を祝った。1950年に成立した大規模な郡は解体され、アイスレーベン郡とヘットシュテット郡が編成された。1951年からは、市域がエルンスト=テールマン=ジードルングドイツ語版とヴィルヘルム=ピーク=ジードルングに拡大された。1963年にはアイスレーベンで最後の含銅粘板岩坑の先進抗が閉鎖された。1969年までに、マンスフェルト盆地おける鉱業の時代はついにその終焉を迎えた。マンスフェルト=コンビナートは、工具や消費財の製造に転換された。並行して、鉱業、冶金工業学校は、電気工学や機械工学のための工業学校へと発展した[13][15]

デパート用の敷地を確保するため、フライ通り (Freistraße) とシュロス広場 (Schlossplatz) の角に残る、昔の水城の塔 (Bergfried) の遺構が爆破、解体された。1973年から1975年の間に、都市部で再び地盤沈下が発生し、特にジーベンヒッツェドイツ語版の一帯がひどかった。ゾンネン道 (Sonnenweg) と旧墓地沿いには、640戸のアパートがプラッテンバウドイツ語版で建設された[13][15]

1983年はルター生誕500周年にあたり、祝祭は時間をかけて周到に準備され、36カ国からの来賓が列席した。東ドイツ郵便(1982年11月9日と1983年10月18日)と西ドイツ郵便(1983年10月13日)は、記念切手を発行した。ルター関連史跡は修復され、マルクト広場の家々のファサードが新しくされた[13][15]

ア イスレーベンでもに1989年の秋に民主主義と社会変化を訴えるデモが開催された。1990年10月3日のドイツ再統一の日以降、アイスレーベンはザクセン=アンハルト州に属している。1994年にヘットシュテット郡ドイツ語版アイスレーベン郡が合併し、マンスフェルダー・ラント郡となり、郡庁はアイスレーベンに置かれた。1997年以来、ルターの家はユネスコ世界文化遺産に登録されている。2007年の郡域改革の結果、アイスレーベンは郡庁所在地の地位をザンガーハウゼンドイツ語版に譲った[13][15]

2009年5月25日には、連邦政府から「多様性の場ドイツ語版」という称号を授与された。

人口動態[編集]

1960年代中ごろから一貫して減少傾向にある。人口流出と少子化のためである。市域は、一貫して合併によって拡大しているにもかかわらずである[39]

1964 1971 1981 1989 1995 2000 2002 2004 2006 2008 2010 2011
人口 44,773 41,682 37,330 35,374 31,882 29,526 28,848 28,040 27,037 26,190 25,489 25,380

1964年から1981年を除いて毎年12月31日:国勢調査

歴史(概略)[編集]

アイスレーベンは997年、Islebiaという名の市場として初めて資料上で確認され、1180年には都市として言及されている。1780年に血統が断絶してザクセン選帝侯国の支配下になるまで、マンスフェルト伯ドイツ語版が統治していた。ナポレオン戦争後、ウィーン会議の結果、1815年にプロイセン領となった。第一次世界大戦後にはプロイセン自由州に属した。第二次世界大戦後にはドイツ民主共和国では、当初ザクセン・アンハルト州、次いでハレ県ドイツ語版に属した(ドイツ民主共和国の地方行政区画参照)。

1927年6月27日にアメリカの飛行家クラレンス・チェンバレンがアイスレーベン郊外の麦畑に着陸し、大陸間有人飛行を成功させた。これはチャールズ・リンドバーグの記録を2週間遅れで塗り替えるものだった。

姉妹都市[編集]

ゆかりの人物[編集]

宗教改革者ルターは1483年にアイスレーベンで生まれた。父親は農家であり、後に銅山での労働者であった。ルターは死に際して再びアイスレーベンへと戻っている[40]。 アイスレーベンにあるルターの生家などは、彼の活動拠点であったヴィッテンベルクと共に、「アイスレーベンとヴィッテンベルクにあるルター記念建造物群」として1996年に世界文化遺産に登録されている[41]

脚注[編集]

  1. ^ ザクセン=アンハルト州統計局 - 市町村別人口; 2013年12月31日時点 (PDF)
  2. ^ Deutsche UNESCO-Kommission e. V.: „Welterbeliste“
  3. ^ Neckendorf auf der Homepage der Lutherstadt Eisleben
  4. ^ Oberhütte auf der Homepage der Lutherstadt Eisleben
  5. ^  Statistisches Bundesamt (Hrsg.): Gemeinden 1994 und ihre Veränderungen seit 01.01.1948 in den neuen Ländern. Metzler-Poeschel, Stuttgart 1995, ISBN 3-8246-0321-7.
  6. ^ StBA: Änderungen bei den Gemeinden Deutschlands, siehe 2004
  7. ^ StBA: Änderungen bei den Gemeinden Deutschlands, siehe 2005
  8. ^ StBA: Änderungen bei den Gemeinden Deutschlands, siehe 2006
  9. ^ StBA: Änderungen bei den Gemeinden Deutschlands, siehe 2009, 1. Teil
  10. ^ StBA: Änderungen bei den Gemeinden Deutschlands, siehe 2010
  11. ^ Deutscher Wetterdienst, Normalperiode 1961–1990
  12. ^ a b Kurt Lindner: Lutherstadt Eisleben, Centrum des Mansfelder Kupferschieferbaus. Eisleben 1982.
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Marion Ebruy, Klaus Foth: Stadtführer Eisleben, Eisleben 2002.
  14. ^ Cyriacus Spangenberg: „Mansfeldische Chronik“/
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y Burkhard Zemlin: „Stadtführer Lutherstadt Eisleben“
  16. ^ Brüder Grimm (Hrsg.): Deutsche Sagen. Zweiter Teil, Nicolaische Buchhandlung, Berlin 1818, S. 185 (Google Books)
  17. ^ Hermann Größler (nach Brüder Grimm): Sagen der Grafschaft Mansfeld und ihrer näheren Umgebung, Eisleben 1880, S. 2
  18. ^ B. Feicke: Die Grafen von Mansfeld als Stadtherren von Eisleben. Die Verpfändung der Niedergerichte 1454 an den Rat der Stadt. In: Harz-Zs. 61 (2009), S. 141-154.
  19. ^ de:Eckart Klaus Roloff: Luther, der Retter. (Kulturreportage über Eisleben). In: Rheinischer Merkur, Nr. 44/2007, S. 19.
  20. ^ Hermann Größler: Das Werden der Stadt Eisleben, T. 5, in: Mansfelder Blätter (23) 1909, S. 67-124, hier: Anh. 1, S. 119-122
  21. ^ Thomas Wäsche: Die Wasserversorgung der Stadt Eisleben, Eisleben ²2006; Dgl.: Die Befestigungsanlagen der Stadt Eisleben, Eisleben 2005.
  22. ^ Art. Blanckenberg, Berndinus in: Biographisch-Bibliographisches Kirchenlexikon (Hg. T. Bautz), Bd. XXX, Nordhausen 2009, Sp. 124-130 (B. Feicke)
  23. ^ Thomas Wäsche: Die Gestalt der Stadt Eisleben, Eisleben 2007
  24. ^ B. Feicke: Die Permutationsrezesse Ende des 16. Jahrhunderts in der Grafschaft Mansfeld, in: Zs. f. Heimatforschung, H. 17, Halle 2008, S. 19-24
  25. ^ Walter Mück: Der Mansfelder Kupferschieferbergbau und seine rechtsgeschichtliche Entwicklung, Eisleben 1910, Bd. 2, Urk. 153
  26. ^ a b c マンスフェルト伯家ドイツ語版
  27. ^ „Die Grafen von Mansfeld und ihre Herrschaft“
  28. ^ „Stadtgeschichte der Lutherstadt Eisleben“
  29. ^ DEHIO, Sachsen-Anhalt II (1999), S. 467; Bernd Feicke: Zur politischen Vorgeschichte des Reichsdeputationshauptschlusses 1803 und seine Ergebnisse für Kursachsen und Preußen im Ostharz unter besonderer Berücksichtigung der 1780 einverleibten Grafschaft Mansfeld ..., in: Beiträge zur Regional- uns Landeskultur Sachsen-Anhalts, H. 29/2004, S. 4-29, hier: 6-14
  30. ^ Stefan König: Die Kalidrahtseilbahn zwischen Eisleben und Unterrißdorf, abgerufen 15. Mai 2011
  31. ^ [1] Förderverein Eisleber Synagoge e. V.
  32. ^ „Gedenkbuch – Opfer der Verfolgung der Juden unter der nationalsozialistischen Gewaltherrschaft in Deutschland 1933–1945“ Bundesarchiv 2007
  33. ^ Yad Vashem The Holocaust Martyrs' and Heroes' Remembrance Authority
  34. ^ Peter Lindner: Hermann Florstedt, SS-Führer und KZ-Lagerkommandant. Ein Lebensbild im Horizont der Familie. Gursky, Halle (Saale) 1997 ISBN 3-929389-19-3
  35. ^ „Gedenkstätten für die Opfer des Nationalsozialismus. Eine Dokumentation von Stefanie Endlich / Nora Goldenbogen / Beatrix Herlemann / Monika Kahl / Regina Scheer. Band II: Bundesländer Berlin, Brandenburg, Mecklenburg-Vorpommern, Sachsen-Anhalt, Sachsen, Thüringen. Hg. von der Bundeszentrale für politische Bildung Bonn 1999, S. 528f., ISBN 3-89331-391-5
  36. ^ Birk Karsten Ecke: www.harz-saale.de
  37. ^ Robby Zeitfuchs und Volker Schirmer: „Zeitzeugen. Der Harz im April 1945.“ Herausgeber: Volker Schirmer, Verlag: BoD – Books on Demand, 2000 ISBN 3-89811-654-9, 9783898116541
  38. ^ Eckart Klaus Roloff: Luther, der Retter. (Kulturreportage über Eisleben). In: Rheinischer Merkur, Nr. 44/2007, S. 19. Ralph Wiener: Kleine Stadt ganz groß. Zur Geschichte des ersten deutschen Nachkriegstheaters. Schäfer Druck & Verlag, Langenbogen 2007.
  39. ^ ザクセン=アンハルトの統計局:アイスレーベン
  40. ^ 大貫隆ほか編 『岩波キリスト教辞典』 岩波書店、東京、2002年、1202頁。ISBN 4-00-080202-X
  41. ^ 古田陽久、古田真美監修 『世界遺産ガイド ドイツ編』 シンクタンクせとうち総合研究機構、広島、2005年、60頁。ISBN 4-86200-101-7

外部リンク[編集]