アイスランドの地理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイスランドの地図。主要都市と地勢を示す。

アイスランドの地理では、アイスランド地理についての概説を記す。

アイスランドは北大西洋に浮かぶ中規模の大きさのである。この島はグリーンランドの東、北極圏のすぐ南に位置している。発散型プレート境界である大西洋中央海嶺が海面上に露出したものである。ニューヨーク市から4,200 km (2,609.8 mi)、スコットランドから860 km (534.4 mi)離れている。「アイスランド」という言葉は、アイスランド島のほぼすべての陸域と人口を含み、時にはアイスランド共和国と呼称されるこのについて言及する時にもつかわれる。
アイスランドは島内に広範囲にわたる火山活動地熱活動が盛んな地域が有る。ユーラシアプレート北アメリカプレートプレート境界を示す大西洋中央海嶺に関係したリフトがアイスランドを南西から北東にかけて横切っている。この地理的特徴はシンクヴェトリル国立公園で卓越している。そこでは、岬のように岩が突き出し、天然の円形劇場の様相をなしている。この場所は930年にアイスランド共和国国会であるアルシングが最初に開会された場所である。
最近の火山噴火に起源をもつアイスランドにある陸地の半分は、山岳性の溶岩砂漠と荒野を構成している。最高所での海抜は2,119 m (6,952 ft) である。国土面積の11パーセントが三つの巨大な氷河で占められている。

そして、いくつかの小さな氷河を示す。

全土地の20パーセントが放牧に利用され、たったの1パーセントしか農地として利用されていない。現在、スカゥラネース森林再生計画英語版が進行中である。化石化した樹木花粉や初期の植民者による記述は、8世紀から10世紀にヒトが移り住む以前にはアイスランド島の面積の30から40パーセントが森林でおおわれていた事を示している。それにもかかわらず、今日では、ラーガルフリョゥト近くのハトルオルムススターザルスコゥグル (Hallormsstaðarskógur)やアークレイリ近くのヴァグラスコゥグル(Vaglaskógur)などに自生しているカバノキ属の植物で構成された森が小さくパッチ状に生えているだけである。

居住地帯は海岸線に集中している。首都レイキャビクを中心とした大レイキャヴィークおよび南西部に人口が集中している。アイスランド中央高地はほぼ無人地帯である。

島の周囲を流れるメキシコ湾流からの気候を穏和化する作用のおかげで、島の気候は湿潤で涼しいと、比較的マイルドだが風が吹きすさぶで特徴づけられる。首都レイキャヴィークでは、夏、7月の平均気温が11 °C (51.8 °F)であり、冬、1月の平均気温が0 °C (32 °F) である。

統計[編集]

地理座標系 
北部欧州歴史文化的理由により、北アメリカの一部とはみなされない)、グリーンランド海北大西洋の間、ブリテン諸島の北西に位置する。
地理区分
北極地域

領域

領域
  • 総面積: 103,125 km²
  • 陸域面積: 100,329 km²
  • 水面: 2,796 km²
国土の大きさの比較
北海道より少しだけ大きい; アメリカ合衆国ケンタッキー州よりやや小さい; グレートブリテン島の約半分程度。
陸上の国境線
0 km
海岸線
4,988 km
領水アイスランド共和国司法権が及ぶ水域
気候
気温; 北大西洋海流により穏和; 温暖で穏やか、冬は吹雪が吹き荒れる; 涼しい、南西部では湿った夏。
地勢
ほぼ全域がところどころに山頂を点在させた高原雪原; 海岸線入り江フィヨルドで深く入り組んでいる。
標高極値
天然資源
水力地熱など
土地利用
灌漑農耕
NA
自然災害
地震火山活動, 雪崩、および氷河湖決壊洪水 (若しくは ヨークルフロイプとも)
現在の自然環境の維持に関する問題点
耕地に播いた化学肥料が流失する事による水質汚染; 不十分な下水処理
国際的環境保護協定(条約
地政学上の注記事項
グリーンランドヨーロッパ大陸の間にある戦略上の要衝GIUKギャップを参照のこと); 欧州最西端の国; ヨーロッパ大陸にある全部の氷河を集めたよりも広い氷河がアイスランド島を覆っている。

対蹠地[編集]

アイスランドにとっての「地球の裏側」に相当する陸地は存在しない。対蹠点とされる位置から最寄りの陸地はバレニー諸島である。そこは南氷洋に浮かび、ニュージーランドが領有権を主張している。逆に、バレニー諸島の最北/最西端であるヤング島英語版の対蹠点は北部中央アイスランド海岸沖、スキャルファンディ湾英語版に浮かぶフラティー島英語版グリムセイ島の間、どちらからも10 km離れたところに位置している。

地図と画像[編集]

関連項目[編集]