アイスプラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイスプラント
Mesembrianthemum crystallinum 973.jpg
アイスプラント
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ハマミズナ科 Aizoaceae
: メセンブリアンテマ属 Mesembryanthemum
: クリスタリナム M. crystallinum
学名
Mesembryanthemum crystallinum L.
和名
アイスプラント
英名
Common Ice Plant
Crystalline Iceplant

アイスプラント学名:Mesembryanthemum crystallinum)はハマミズナ科メセンブリアンテマ属の植物。名前の由来は表皮に塩を隔離するための細胞があるため葉の表面が凍ったように見えることから。ヨーロッパ西アジアアフリカ原産。

生態[編集]

乾燥に耐えるとともに、耐塩性が高い塩生植物の一つであり、海水と同程度の塩化ナトリウム水溶液中でも水耕栽培が可能である。さらに、生活環が半年程度と比較的短く、栽培も容易なため、植物の耐塩性研究におけるモデル生物と考えられ、学術的な注目も集まっている。水耕栽培ではなく、土耕栽培を行った場合は、地中にカドミウムなどの有害な重金属が含まれている場合、一般作物以上に吸収、蓄積する特性がある[1]

乾燥や塩ストレスを与えないと一般的な光合成経路であるC3光合成を行い、乾燥/塩ストレスを与えるとCAM型光合成へ移行することができる。CAM型光合成を行うアイスプラントは、アミノ酸プロリンピニトールといった環境適合溶質をより生合成することによって、過酷な乾燥ストレスから生体を防御する。 また、表皮には塩嚢細胞(ブラッダー細胞、英語:Bladder Cell)と呼ばれる体内に侵入した塩類を隔離するための細胞が発達している。大きさは2ミリ前後に達し、透明でキラキラと輝くため、種名のクリスタリナムの由来となっている。

利用[編集]

フランスではフィコイド・グラシアル(ficoïde glaciale)と呼ばれ、フランス料理の食材として注目を浴びている。

日本でも佐賀大学農学部が栽培化し、塩味のする新野菜として紹介したことをきっかけに、近年、全国各地でも栽培されはじめた。国立ファームソルトリーフ佐賀大学発ベンチャーの農研堂バラフクリスタルリーフアグリ社プッチーナ、滋賀県長浜市の日本アドバンストアグリツブリナという商標を用いている。また、静岡県ではソルティーナシオーナの名で販売されている。

アイスプラントに含まれるピニトールには、血糖値改善作用や肝機能改善効果が有るとされる。 また、アフリカでは民間薬や石けんとして利用される他、国内でもバラフを配合した化粧品が開発されるなど、その保湿作用や天然ビタミンに着目した新規素材として注目されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]