アイザック・C・キッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイザック・C・キッド
Isaac Campbell Kidd
Isaac C. Kidd.NH50176.jpg
アイザック・C・キッド大佐
生誕 1884年3月26日
オハイオ州クリーブランド
死没 1941年12月7日
真珠湾
所属組織 アメリカ海軍
軍歴 1906 - 1941
最終階級 少将
テンプレートを表示

アイザック・キャンベル・キッド (Isaac Campbell Kidd, 1884年3月26日 - 1941年12月7日) は、アメリカ合衆国の軍人。海軍少将1941年12月7日日本海軍による真珠湾攻撃において、戦艦アリゾナの艦橋で戦死した。彼は第二次世界大戦において戦死した初のアメリカ軍将官であった。死後に名誉勲章を受章している。息子のアイザック・C・キッド・ジュニア英語版海軍大将となった。

経歴[編集]

キッドは1884年にオハイオ州クリーヴランドで生まれる。1902年に海軍兵学校に入学し、1906年2月に卒業した。1908年に少尉に任官する。彼は1907年から1909年にかけて行われたグレート・ホワイト・フリートの世界一周航海に戦艦ニュージャージー (USS New Jersey, BB-16) の乗員として参加している。その後戦艦ノースダコタ (USS North Dakota, BB-29) 、巡洋艦ピッツバーグ (USS Pittsburgh, ACR-4) に乗り組み、太平洋艦隊司令長官の副官となる。1916年から17年には海軍兵学校の教官を務めた。

第一次世界大戦中から戦後にかけて、キッドは戦艦ニューメキシコUSS New Mexico, BB-40)に配属され、その後海軍兵学校先任教官として勤務した。1925年から26年まで戦艦ユタ (USS Utah, BB-31) の副長を務め、1927年から30年までベガ (USS Vega, AK-17) の艦長を務める。その後、1927年から1930年にパナマ運河地帯のクリストバル港指揮官となり、大佐に進級したのち、1930年から32年までアメリカ合衆国艦隊司令部の幕僚長を務めた。ワシントンD.C.で航海局に3年勤務した後、1935年から36年まで偵察部隊第1駆逐戦隊の指揮官を務める。

1941年12月7日の日本軍による真珠湾攻撃時、キッド少将は第1戦艦部隊の司令官および戦艦戦闘部隊司令官の幕僚長・次席指揮官であった。日本軍による攻撃が伝えられると、彼は旗艦アリゾナ (USS Arizona, BB-39) の艦橋に急いだ。彼は勇敢に上級将校としての任務に務めたが、弾薬庫の爆発と爆弾の直撃により戦死した。

彼はその死後名誉勲章を受章した。3隻の駆逐艦が彼の名誉に因んでキッドと命名された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Isaac C. Kidd, Dictionary of American Naval Fighting Ships, Naval Historical Center, Department of the Navy.