アイザック・ヴァリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Isaac L. Varian

任期
1839年 – 1841年
前任者 アーロン・クラーク
後任者 ロバート・モリス

1838年の風刺画。 "How to Make the Mare Mayor Go"。バリアン(左)とクラーク(馬上)を描く。ユダヤ人(右)が市長となる為の資金を提示している。

アイザック・レゲット・ヴァリアン (Isaac Leggett Varian、1793年6月25日 – 1864年8月10日)はアメリカの政治家。

政治[編集]

ニューヨークで生まれた。著名な民主党員であり、また1835年から1842年までタマニー・ホール指導者であった。1831年から1833年までニューヨーク州議会議員、1839年から1841年までニューヨーク市長、1842年から1845年ニューヨーク州上院議員を務めた。

タマニー・ホールの指導者として活躍し、Locofocosの復帰や、1837年市長選でのホイッグ党への敗北などを経験した。

1838年に市長に立候補するも、大規模な詐欺や脅迫の疑いを持たれていたホイッグ党のアーロン・クラークに519票差で敗れた。翌1839年、露骨な不正選挙行為にもかかわらず、1067票差でクラークを破った。1期目で、有権者登録義務化法案を可決し、選挙違反を困難にした。

家族[編集]

1811年、キャサリン・ホッパー・デューセンバリー(1789–1870)と結婚した。

子供[編集]

  • アンドリュー・ホッパー (1812–1826)
  • タマル・レティシア (b. 1813)
  • アイザック (1815–1816)
  • マチルダ・キャンベル (b. 1817)
  • メアリー・エリザベス (1819–1868)
  • アイザック (b. 1823)
  • キャサリン・エメライン (b. 1826)
    • ジェイコブ・ハーセン (双子) (b. 1828)
    • ハンナ (双子) (1828–1830)


1845年に政治家を辞め、ピークスキルに引退した。1864年に同地で亡くなり、ニューヨーク市マーブル墓地に埋葬された。

バレンタイン・バリアン邸[編集]

バレンタイン・バリアン邸(1758)はブロンクス区に建つ歴史的農家で、ニューヨーク州からボストンへの道沿いに建っている。1791年から1905年までバリアン家が所有し、現在博物館となっている。周辺の公園や小学校の名はバリアンに因む。

参考文献[編集]