アイェルベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ayerbe

Bandera de Ayerbe.svg   Escudo de Ayerbe.svg

アラゴン州
ウエスカ県
面積 63.89km²
標高 582m
人口 1,112人(2006年)
人口密度 17.4人/km²
Ayerbe mapa.png
ウエスカ県のアイェルベの位置
北緯42度16分36秒 西経0度41分21秒 / 北緯42.27667度 西経0.68917度 / 42.27667; -0.68917

アイェルベAyerbe)は、スペインの自治体。アラゴン州ウエスカ県に属する。ウエスカからは西に28kmの距離で、エブロ川の支流ガレゴ川からやや東に離れた位置にある。人口は約千人。

乾燥した土地で、灌漑農業が行われている。土地の多くは、オーク、アーモンド、ブドウ、オリーブに覆われている。

歴史[編集]

11世紀のタイファ時代にサラゴサ王国によって砦が築かれた。1083年アラゴン王国サンチョ1世によって征服され、植民が行われた。12世紀のアルフォンソ1世の時代に町が作られた。

19世紀末に鉄道が開通し、この地域の商業の中心となった。1970年代にカンフランクの国際駅が閉鎖されると、失業者が増え人口が減少した。現在のおもな産業は農業だが、サービス部門では観光の振興が図られている。

名所[編集]

アイェルベ宮殿

町の中心にあるアイェルベ侯宮殿は16世紀に建てられたゴシック様式の建物で、中庭はルネサンス様式となっている。2004年からは私立の音楽学校に使われている。

ノーベル生理学・医学賞を受賞したサンティアゴ・ラモン・イ・カハールがこの町に10年間滞在したことを記念して、記念館が建てられている。

近隣の町には中世のロアーレ城(en)やボレア教会(es)がある。

祭り[編集]

祭りの巨人

聖レティシア(en)の祭りは、1549年以来この町でもっとも重要なもので、9月9日から4~6日間にわたって催される。ブドウで飾った台に載せた聖人の像が町を練り歩く。「巨人と張りぼて」(gigantes y cabezudos)のパレードが行われ、夜には花火でできた「火の雄牛」(toros de fuego)の競争が行われる。

2005年には第6回アラゴン巨人祭りが開かれ、アラゴン中から72の巨人像が集まった。

外部リンク[編集]