アイはカゲロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
漫画:アイはカゲロウ
作者 瀬口たかひろ
出版社 講談社
掲載誌 月刊マガジンZ
レーベル マガジンZコミックス
発表期間 2005年2号 - 2006年8号
巻数 全2巻
テンプレート - ノート 

アイはカゲロウ』(あいはかげろう)は、瀬口たかひろによる日本漫画。『月刊マガジンZ』(講談社)において、2005年2月号から2006年8月号まで連載された。単行本は全2巻。

あらすじ[編集]

突然目の前に現れた美少女は、結晶化した影だと名乗った。当惑するカゲローをよそに、美少女は存在を入れ替えようとするが、そこにトンちゃんの邪魔が入り、中途半端に下半身だけが入れ替わってしまう。

登場人物[編集]

相葉カゲロー(あいば カゲロー)
主人公。影が薄い
アイちゃん
カゲローの影が結晶化したムチプリな美少女。カゲローの初恋の相手(義理の妹)にそっくり。
東陳張(とんちゃんちゃん)
愛称トンちゃん。カゲローの自称彼女(情人?)。