われらの川越

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

われらの川越 」(われらのかわごえ)は、日本関東地方にある埼玉県川越市市歌である。作詞・野村俊夫、作曲・服部逸郎

誕生[編集]

1957年昭和32年)に周辺9村との合併3周年を記念し、中央公民館において「川越市民の歌」に選定された。

同年8月16日、発表演奏会が開催された。昼の部は川越女子高等学校で行われ、野村俊夫安西愛子服部逸郎日本コロムビア管弦楽団が出演。また、市内各学校代表生徒による合唱出演があった。夜の部は中央小学校で行われ、こちらにも引き続き、安西愛子、服部逸郎、日本コロムビア管弦楽団が出演。また、川越市軽音楽団、川越市ギター倶楽部、西川喜峯社中などが出演した。

コロムビアレコードからSPレコードが私家盤として制作され、中央公民館などで希望者に一枚300円で頒布された。このレコードはA面が「われらの川越」で、B面が「川越マーチ」。安西愛子、伊藤久男、日本コロムビア管弦楽団によって吹き込みがなされた。

「われらの川越」のその後[編集]

発表当時は盛んに歌われたこの歌も、現在は、歌われる機会も多くはなく、その存在すら知らない市民も多い。しかしながら、平成19年川越市議会第6回定例会において「われらの川越」に対する、市による位置づけや、普及活動の推進が議員により質問されたのを機に、市ホームページで紹介されるようになる。また毎年、年初に行われる川越市職員の仕事始め式でも、市所蔵の音源の放送に合わせて市職員が斉唱をするようになったほか、川越市と川越市教育委員会が後援している川越少年少女合唱団でも演奏のプログラムに取り上げられるようになってきており、徐々にではあるが、市民に再び認知されるようになってきた。

楽譜と音源の保管、公開状況[編集]

旋律譜のみ中央図書館の所蔵資料(ただし貸出禁止で閲覧のみ)で確認できるが、市によって制作、頒布されたピアノ伴奏譜やレコードは、同館や川越市立博物館、当該曲を当時、主管部署として選定・制作した中央公民館にさえも所蔵されてはいない。ただ上記のとおり、川越市により音源(オリジナルのSPレコードか、それをもとにカセットテープコンパクトディスク等に複製したものかは不明)は保管されている。いずれにせよ、市によって公費を投じて、かつて制作された歴史的、文化的遺産でありながら、市民、その他の利用者に対して、積極的かつ体系的に、ピアノ伴奏譜や音源を収集、保存、公開、貸出している形跡はなく、散逸している可能性もある。また、現在、ピアノ伴奏譜の再発行、音源の復刻等の予定もない。

備考[編集]

関連項目[編集]