わらの犬 (2011年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わらの犬
Straw Dogs
監督 ロッド・ルーリー英語版
脚本 ロッド・ルーリー
原案 オリジナル脚本
デヴィッド・ゼラッグ・グッドマン英語版
サム・ペキンパー
原作 ゴードン・ウィリアムズ英語版
製作 マーク・フライドマン
製作総指揮 ボー・マークス
ギルバート・デュモンテ
出演者 ジェームズ・マースデン
ケイト・ボスワース
アレクサンダー・スカルスガルド
ドミニク・パーセル
ラズ・アロンソ
ウィラ・ホランド
ジェームズ・ウッズ
音楽 ラリー・グルーペ英語版
撮影 アリク・サカロフ英語版
編集 セーラ・ボイド
製作会社 バトルプラン・プロダクションズ
配給 スクリーン・ジェムズ
公開 2011年9月16日
上映時間 110分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[2]
興行収入 $10,324,441[3]
テンプレートを表示

わらの犬』(Straw Dogs)は、ロッド・ルーリー英語版監督・脚本による2011年アメリカ合衆国サイコスリラー映画英語版ゴードン・ウィリアムズ英語版の小説『トレンチャー農場の包囲英語版』を原作としたサム・ペキンパー1971年の同名映画リメイク。主演はジェームズ・マースデンケイト・ボスワース。2人は『スーパーマン リターンズ』でも夫婦役だった。

あらすじ[編集]

脚本家のデヴィッド・サムナー(ジェームズ・マースデン)とその妻で女優のエイミー(ケイト・ボスワース)は都会の喧騒を逃れて、ロサンゼルスからエイミーの故郷であるミシシッピ州の田舎町・ブラックウォーターに移り住む。

だが、裕福なデヴィッドと美しく華やかなエイミーは、エイミーの元恋人チャーリー(アレクサンダー・スカルスガルド)ら地元の粗野な男たちから攻撃の対象にされ、ついにはエイミーがチャーリーの仲間にレイプされてしまう。さらにある事件が発生、2人はたちまち窮地に立たされる。恐怖に陥ったデヴィッドは、徐々に凶暴な世界へと転落していく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
デヴィッド・サムナー ジェームズ・マースデン 佐藤拓也
エイミー・サムナー ケイト・ボスワース 木下紗華
チャーリー・ヴェナー アレクサンダー・スカルスガルド 荻野晴朗
"コーチ"・トム・ヘドン ジェームズ・ウッズ 浦山迅
ジェレミー・ナイルズ ドミニク・パーセル 長島真祐
ノーマン リス・コイロ
クリス ビリー・ラッシュ英語版
ジョン・バーク保安官 ラズ・アロンソ 竹田雅則
ジャニス・ヘドン ウィラ・ホランド
ダニエル・ナイルズ ウォルトン・ゴギンズ
コーチ・ミルケン アンソン・マウント英語版
ビック ドリュー・パウエル英語版

製作[編集]

撮影は2009年8月16日にルイジアナ州シュリーブポート[4][5]ビビアン英語版で始まった[6]

評価[編集]

興行収入[編集]

2011年9月16日に北米で公開され、初日に198万ドル[7]、週末3日間で510万ドルを売り上げた[3]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは119件のレビューで支持率は41%となり「このリメイクではプロットを合理化しようとするが、最終的に致命的な失敗となり、暴力を賞賛している」とまとめられた[8]Metacriticでは29件のレビューで加重平均地は45/100となった[9]

フィラデルフィア・インクワイアラー』のチャーリー・リッキーは4ツ星満点で1ツ星半を与え、「(『わらの犬』は)人間とマッチョな動物であることの違いの実証例として成功している。しかしながらホーム・インベージョン・スリラーとして興味を引くことには失敗している」と評した[10]。『シカゴ・トリビューン』のマイケル・フィリップス英語版は4ツ星満点で1ツ星を与え、「ミスキャストで、技術的にかろうじて機能的で、馬鹿げていて、不必要である」と述べて本作を「マヌケなリメイク」と呼んだ[11]

参考文献[編集]

  1. ^ Straw Dogs (18)”. British Board of Film Classification (2011年8月26日). 2011年8月31日閲覧。
  2. ^ Kaufman, Amy (2011年9月15日). “Movie Projector: 3-D version of 'Lion King' to reign at box office”. Los Angeles Times. 2011年9月17日閲覧。
  3. ^ a b Straw Dogs (2011)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年6月2日閲覧。
  4. ^ Michael Fleming (2009年8月16日). “Cast set for 'Straw Dogs' remake”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118007327.html?categoryid=13&cs=1 2009年9月21日閲覧。 
  5. ^ Straw Dogs (2010)”. ComingSoon.net. 2010年11月20日閲覧。
  6. ^ Sony Screen Gems' Violent Confrontation with 'Straw Dogs' Delayed”. Bloody-Disgusting.com. 2010年11月20日閲覧。
  7. ^ Straw Dogs (2011) (2011) - Daily Box Office Results - Box Office Mojo”. Box Office Mojo. Amazon.com (2011年9月18日). 2011年9月18日閲覧。
  8. ^ Straw Dogs”. Rotten Tomatoes. 2013年6月2日閲覧。
  9. ^ Straw Dogs”. Metacritic. 2013年6月2日閲覧。
  10. ^ Carrie Rickey (2011年9月16日). “Remake fails as home-invasion thriller”. Philadelphia Inquirer. 2011年9月30日閲覧。
  11. ^ Phillips, Michael (2011年9月15日). “'Straw Dogs' a '70s provocation rendered senseless by a remake”. Chicago Tribune. http://www.chicagotribune.com/entertainment/movies/sc-mov-0915-straw-dogs-20110916,0,517390.column 2011年10月2日閲覧。 

外部リンク[編集]