りゅう座カイ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
りゅう座カイ星
Chi Draconis
星座 りゅう座
視等級 (V) 3.55 [1]
変光星型 疑いあり[2]
分類 連星
F型主系列星
K型主系列星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 18h 21m 03.38s [3]
赤緯 (Dec, δ) +72° 43′ 58.2″ [3]
視線速度 (Rv) 31.90±0.14 km/s [4]
固有運動 (μ) 赤経:531 ミリ秒/年[1]
赤緯:-352 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 124.11±0.48 ミリ秒[1]
距離 26.28±0.10 光年
8.06±0.03 パーセク
絶対等級 (MV) 主星:4.12±0.12 [5]
伴星:6.11±0.27 [5]
主星
物理的性質
半径 1.20 R
質量 1.03±0.05 M[4]
表面重力 (log g) 4.34±0.10 [6]
スペクトル分類 F7V [7]
光度 1.86±0.18 L[5]
表面温度 6,150 K [5]
色指数 (B-V) 0.50±0.01 [7]
金属量 [Fe/H] -0.58 [6]
年齢 ~80億年 [5]
伴星
物理的性質
半径 0.74 R
質量 0.73±0.02 M[4]
スペクトル分類 K0-2V [7]
光度 0.29±0.08 L[5]
表面温度 4940 K [5]
色指数 (B-V) 0.86±0.06 [7]
連星の軌道
軌道要素と性質
元期:J2000.0
軌道長半径 (a) 123±1 ミリ秒角 [4]
(0.99±0.01 AU)
離心率 (e) 0.414±0.008 [4]
公転周期 (P) 0.7680±0.0002 [4]
(280.51±0.06
軌道傾斜角 (i) 74.8±0.9° [4]
近日点引数 (ω) 299.9±1.0° [4]
昇交点黄経 (Ω) 50.5±0.6° [4]
別名称
別名称
りゅう座44番星, 44 Dra, HIP 89937, HD 170153, HR 6927, GJ 713, LHS 3379, BD+72 839, NSV 10749[3], LCC 1480.
■Project ■Template

りゅう座カイ星 (Chi Draconis, Chi Dra, χ Dra) は、太陽系から26光年離れた位置にあるりゅう座連星系である。バテンタバン・ボレアリスという固有名もあり、これはアラビア語の بطن الثعبان (baţn al-thubān, 竜の腹)に由来する。

概要[編集]

りゅう座カイ星の主星は黄白色のF型主系列星で、質量太陽より3%大きく、光度は2倍近くに達する。伴星は橙色のK型主系列星で、質量・光度ともに太陽より小さい。りゅう座カイ星系の金属量は太陽比で30%以下 ([Fe/H]=-0.58) と低い値を示している。

1898年にこの系が分光連星となっていることが発見された。現在では技術の向上により2つの天体の相対位置を実測することが可能になっている。両天体の平均距離はほぼ太陽と地球の距離に相当し、281日をかけて離心率0.41の楕円軌道を周回している[4]ハビタブルゾーン内の惑星は二つの恒星の重力によって軌道が乱されるため、安定した軌道を保てない。

視線速度固有運動に基づいた計算では、りゅう座カイ星は今から15万6000年前に太陽系に最接近し、その際の太陽系からの距離は16光年だったと考えられている。現在は32km/sの速さで太陽系から遠ざかりつつある[8]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d ESA (1997年). “The Hipparcos and Tycho Catalogues”. VizieR, CDS. 2009年12月11日閲覧。
  2. ^ Samus, N. N. et al. (2004年). “Combined General Catalogue of Variable Stars”. VizieR, CDS. 2009年12月11日閲覧。
  3. ^ a b c SIMBAD query result”. SIMBAD, CDS. 2009年12月11日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j Pourbaix (2000). “Resolved double-lined spectroscopic binaries: a neglected source of hypothesis-free parallaxes and stellar masses”. Astronomy and Astrophysics Supplement 145: 215-222. http://ads.nao.ac.jp/abs/2000A&AS..145..215P. 
  5. ^ a b c d e f g Tomkin, J. et al. (1987). “The orbit of the speckle and double-lined spectroscopic binary CHI Draconis”. Astronomical Journal 93: 1236-1244. http://ads.nao.ac.jp/abs/1987AJ.....93.1236T. 
  6. ^ a b Allende Prieto, C. et al. (2004年). “Spectroscopic survey in solar neighborhood”. VizieR, CDS. 2009年12月11日閲覧。
  7. ^ a b c d Breakiron & Gatewood (1974). “An Astrometric Study of the Spectroscopic Binary χ Draconis”. Publications of the Astronomical Society of the Pacific 86 (512): 448. http://ads.nao.ac.jp/abs/1974PASP...86..448B. 
  8. ^ García-Sánchez, J. et al. (2001). “Stellar encounters with the solar system”. Astronomy and Astrophysics 379: 634-659. http://ads.nao.ac.jp/abs/2001A%26A...379..634G.