よう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ようの患部

よう(癰、carbuncle)とは、細菌感染症の一種。数本のが束になって細菌が感染して生じる。皮膚は赤く腫れて、疼痛を伴う。黄色ブドウ球菌が原因であることが多い。(それに対して、せつは一本の毛のみの感染である。)糖尿病の人に好発する。治療は、抗生物質の内服が必要である。また、皮膚切開が必要なこともある。

関連[編集]