ゆりーと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゆりーと
YURIITO
Yuriito with Twinliner 02.jpg
対象
分類 国民体育大会のマスコットキャラクター
モチーフ ユリカモメ(東京都民の鳥)
デザイン 安達紘司
指定日 2010年12月16日(名称決定日)
公式サイト スポーツ祭東京2013 ゆりーとのおうち
テンプレートを表示

ゆりーとスポーツ祭東京2013第68回国民体育大会第13回全国障害者スポーツ大会)のマスコットキャラクター。東京都民の鳥「ユリカモメ」をモチーフにしている。岡山県の安達紘司がデザインした[1]

歴史[編集]

  • 2009年11月16日 東京都がマスコットキャラクターのデザインの募集を開始。
  • 2010年7月29日 東京都がマスコットキャラクターのデザインを決定。
  • 2010年7月31日 東京都がマスコットキャラクターの名称の募集を開始。
  • 2010年12月16日 東京都がマスコットキャラクターの名称を決定。
  • 2011年12月22日 ゆりーとをイメージしたダンスソング『ゆりーとダンス ニッコリ・ファイト!』を発表。作詞・作曲・振付は濱田“Peco”美和子[2]
  • 2012年5月14日 『ゆりーとダンス ニッコリ・ファイト!』の盆踊りバージョン『ゆりーと音頭』を発表。
  • 2012年6月12日 スポーツ祭東京2013オフィシャルサイト内で『ゆりーとストーリー』公開開始。このストーリーはスポーツの楽しさ、東京の魅力を紹介し第1話から不定期に順次公開している。
  • 2013年10月10日 大会終了後も活躍してほしいと都民から要望があり、東京都や都の区市町村でスポーツ全般を広く普及するための活動を行う、「スポーツ推進大使」に就任。[3]

エピソード[編集]

  • 2011年・2012年1月6日に東京ビッグサイトで東京消防出初式にゆりーとが登場し東京消防庁のマスコット『キュータ』と一緒に場内をより一層盛り上げた[4][5]
  • 2011年以降、東京都や都の区市町村が主催するスポーツのイベントに多数参加しており記念撮影をするなどステージなどに参加した。
    • 最近ではゆりーとの着ぐるみが3体以上出てくることが都内のスポーツのイベントなどに増加しており東京ゲートブリッジの完成イベントをはじめとして[6]東京マラソン2012のPR[7]、第5回味の素スタジアム感謝デー[8]などに出現するようになった。
  • これまで2回も大島町伊豆大島に訪問しており2011年6月11日には大島町で開催された『TOKYOアイランドシリーズ 第23回伊豆大島トライアスロン大会』の応援に駆けつけており[9]、8月13日・14日には『伊豆大島夏まつり』でスポーツ祭東京2013のPRをし[10]、2012年1月29日には『第57回伊豆大島椿まつり』のオープニングパレードに参加した[11]

テレビ出演[編集]

  • NHK Eテレで放送中の子供番組『大!天才てれびくん』2013年5月21日放送分の『スクープ野郎Uチーム #7 〜誰でもたったの1日で足が速くなる〜の巻』で陸上競技の元400mハードル選手・為末大と共演して出演した。このコーナーのナビゲーターを務めるてれび戦士の3名と共に足は速くなるのかという内容だった[12]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]