ゆらぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゆらぎとは、ある量の平均値からの変動をいう。

物理学[編集]

物理学において、ゆらぎとは、広がりまたは強度を持つ量(エネルギー密度電圧など)の空間的または時間的な平均値からの変動を指す。ゆらぎの大きさを表すのに用いられる二乗平均ゆらぎは、統計学における分散と同じものである。

すなわち、X \ の測定を多数回行ったとき、測定値の平均値を\langle X \rangle \ i \ 番目の測定値をX_i \ とすると、二乗平均ゆらぎ(分散)は

\langle X^2 \rangle - \langle X_i \rangle^2

と表される。

ゆらぎの性質を分類する方法として、パワースペクトルがよく用いられる。

平衡ゆらぎと非平衡ゆらぎ[編集]

平衡ゆらぎについては,アインシュタインブラウン運動から一般論を展開し,オンサーガー相反定理という形でまとめあげた.

このゆらぎの一般論は,平衡から遠く離れた状態においても適応できるように拡張された.その典型例がゆらぎの定理であり,またJarzynski等式と呼ばれる恒等式である.特にゆらぎの定理は,平衡近傍で適応すると古典系の線形応答理論が導かれ,等温系で適応するとJarzynski等式を導くことが出来る枠組になっている.[1]

熱力学[編集]

熱力学において、ゆらぎとは熱平衡状態からのずれ、もしくは熱平衡にほど遠いの状態を指す。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 早川尚男 『臨時別冊数理科学 SGCライブラリ 54 「非平衡統計力学」 2007年 03月号』 サイエンス社2007年

外部リンク[編集]