やまぐちりこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やまぐちりこ
プロフィール
愛称 りこポン☆
生年月日 1990年12月12日
現年齢 24歳
出身地: 日本の旗 日本福岡県[1]
血液型 O型[2]
公称サイズ(2012年[2]時点)
身長 / 体重 158 cm / kg
スリーサイズ 88 - 59 - 85 cm
ブラのサイズ F
活動
ジャンル アダルトビデオ
AV出演: 2010年 - 2012年
専属契約: Maza sirdute.png アリスJAPAN(2010年)・SODクリエイト(2011年 - )
備考: 元「AKB48」の中西里菜であるが公言していない。
その他の記録
所属事務所の変遷:プラチカ→ベルテック→ミントプロダクション(業務提携)
AV女優テンプレート | カテゴリ

やまぐち りこ(女性、1990年12月12日[2][3] - )は、2010年 - 2012年に活動した日本AV女優(単体女優)である。MINT PRODUCTION(ミントプロダクション)所属(業務提携)。以前は旧芸名の中西里菜名義でAKB48(旧チームA)のメンバーとして活動していた。

来歴[編集]

2010年6月25日、同日発売の「FRIDAY 2010年7月9日号」誌上で「元AKB48」の肩書き、「やまぐちりこ」の芸名でヘアヌードグラビアを公開。これは、中西のブログで、持病「腰痛」を理由に中西が芸能活動を休止し帰郷すると発表された僅か19日後であった。

このグラビアでは「元AKB」とする一方で、「中西里菜」の名前は出されず、生年月日、血液型、出身地が中西とは別のものとなった。同時に、アリスJAPAN専属契約でのアダルトビデオ(AV)デビュー(同年8月27日発売)が発表された。

同年7月1日には、デビュー作のサンプル映像がアリスJAPANサイトに公開されたが、アクセスが急増してサーバに負荷がかかり、同日中に削除される[4]。発売前の諸宣伝ではアイドル的なイメージシーンしか出されなかったが、発売された内容は本番行為のハードコア路線(通常のAV)であった。

デビュー作は発売1ヶ月で8万本を超える販売数で、「1万本売れればヒット」といわれるAV業界で記録的な本数を売り上げ[5]、デビューから順次発売された3つのDVDが大手通販サイト[6]でアダルト売り上げ上位3位を独占し、話題性を裏付ける。

2010年9月24日発売週刊文春で、関係者と音信不通状態になっていると報じられた[7]。AVプロダクションの責任者は、音信不通との報道について否定したものの「彼女の動向について細かい話はNG」と回答した[8]

その後、SODクリエイトの専属契約となった際のインタビュー[9]に本人が登場、撮影のために「南の島に1週間いた」と発言し騒動が収束する。その作品は後に発売された。

2011年1月、AVデビュー後初めてのイベントが大阪と東京で開催[10]。AKB48時代からの古参ファン[11][12]AKB48劇場のカフェで働いていた女性も参加しており[13]、東京では顔馴染みのファンを見た瞬間に号泣したと言う[13]。「昔から応援してくれている人も最近ファンになった人もたくさん来てくれて、うれしかったです」と挨拶し、りことしてのデビュー後初めて公の場で抑制的ながら「アイドル」ではなく「元AKB48メンバー」であることを前提とした発言をした[13]

2012年3月8日、引退と謳ったAV作品を発売するも、撮り下ろしに加え姉妹が主演した各AV作品を収録する10時間のDVD-BOXで、その上価格も単品DVDと同等であり、大手通販サイトで品切れ状態[14]となるなどAV女優の引退としては異例尽くしであった。

年表[編集]

現名義のもののみ。

  • 2010年6月25日 - 同日発売のFRIDAY2010年7月9日号でヌード初披露(1st写真集からの先行ショット)。
  • 2010年6月28日 - 同日発売の週刊大衆から3号連続でヌードグラビア掲載。
  • 2010年8月27日 - 同日発売の作品(アリスJAPAN専属契約)でアダルトビデオデビュー。
  • 2010年9月24日 - 同日発売週刊文春で「関係者と音信不通状態になっている」と報じられた。
  • 2010年11月 - BELLTECH PRODUCTION所属。
  • 2010年12月1日 - SODクリエイト専属契約に移る(移籍)、SODstarに所属することを発表。
  • 2011年1月8日 - SOD移籍第一弾作品を発売。
  • 2011年6月26日 - 「歌手活動に向けて本格的にボイストレーニングが始まることになりました」と発表[15]
  • 2011年11月 - 業務提携でミントプロダクション専属。
  • 2012年3月8日 - 引退作品を発売。引退後の活動については触れていない。
  • 2013年6月13日 - ブログにて既に結婚していることを公表[16][17]

人物像[編集]

アリスJAPANの公式プロフィールによると、趣味は歌・ダンス、特技はお菓子作りとしている。AV女優のやまぐちりくは、AVの宣伝文句によれば、やまぐちりこの実妹であるとされている[18]。ブログによると自宅にがいる[19]

初体験[編集]

やまぐちによれば、初体験はAKB48メンバー時代の17歳の時、二回り上の年齢の同業界の男性とシティホテルで。この男性とは付き合っているわけではなかった。デビューまでその男性しか経験していない(『日本中が待望した国民的アイドルやまぐちりこAV DEBUT』内でやまぐちの曰くところ彼の陰茎は「18cmくらい」だったもので、そちらでもやまぐちは、陰茎はこの1本しか知らないと語っている[20])。それまではキスすら経験がなく、小学生の頃からアイドルに憧れていたため、異性と交際してはいけないと決めていた。地元時代は交際を断ってきていたと言う。AKB48時代も多忙で恋愛できなかったと発言している[21]

アダルトビデオ出演について[編集]

AVデビューを決めたきっかけについてやまぐち自身は「すごく悩んだ」「どうしても叶えたい夢があったので、それがチャンスになればいい」「歌がずっと好きなので、歌うことがいつかできたらいいなと」[22]と語っておりアダルトビデオは最終目標ではないとしている。

一連のデビュー経緯については、後に発行された「月刊ソフト・オン・デマンド2011年1月号増刊」[23]のやまぐちのインタビュー記事で、体調が悪くなった2009年頃からアイドルを辞めようと思い、「デビューが決まったのは(2010年)6月末頃」、「たまたま街に出た時にスカウトされた」としている。一方、「デビュー前に6作分の撮影済み」とするAVプロダクション関係者の発言もある[24]

エピソード[編集]

AKB48時代の所属事務所office48は、AV出演とヌード写真集出版は事務所を辞める際に交わした「AKB48のイメージを傷つけるような仕事を3年間は行わない」という「合意解約書」に署名・捺印した契約に反しているとして、2010年7月1日、「DEPARTURE」の出版元双葉社に対して出版差し止めの仮処分命令を出すよう東京地裁に申し立てていたが、この請求は認められなかった。元所属事務所の代理人弁護士によると、申し立ては前述の主張と、「本当にヌード写真集を出版したいのか、本人の意志を確認する意味もあった」と話している[25]

出演[編集]

アダルトビデオ[編集]

やまぐちりこのアダルトビデオ作品は所属事務所である株式会社BELLTECHが著作権を保有すると言う極めて稀な形を採っており(りくとの共演作、総集編を除く)[26]、引退作に同時収録されている総集編も本編の発売元に関わらず収録されている。各社発売順に数字リストとした。

アリスJAPAN
  1. 日本中が待望した国民的アイドルやまぐちりこAV DEBUT(2010年8月27日)DV-1184
  2. 敏感なカラダ。ピクピクしちゃった やまぐちりこ(2010年9月24日)DV-1194
  3. 本能を呼び覚ます濃厚なる4つのSEX やまぐちりこ(2010年10月22日)DV-1204
  4. 出会って2.5秒で合体 やまぐちりこ(2010年11月26日)DV-1213
  5. 終わらないお掃除フェラ やまぐちりこ(2010年12月24日)DV-1222
SODクリエイト
  1. やまぐちりこ 超極小モザイクDebut!! (2011年1月8日)STAR-255
  2. 国民的アイドルやまぐちりこ 学園コスプレ×超極小デジタルモザイク超豪華3時間スペシャル(2011年2月5日)STAR-256
  3. やまぐちりこ 僕の奥さんは国民的アイドルやまぐちりこ (2011年3月5日) STAR-261
  4. やまぐちりこ 国民的アイドルは変態プレイがお好き!? (2011年4月7日) STAR-268
  5. やまぐちりこ エッチ中も、フェラ中も、何をされても絶対にカメラ目線!! (2011年5月7日) STAR-281
  6. やまぐちりこ 国民的アイドル、性欲、覚醒 (2011年6月4日) STAR-288
  7. 国民的アイドルやまぐちりこ ラブラブ同棲日記 (2011年7月7日) STAR-296
    「AVデビュー時に撮影された『幻の作品』」との触れ込みで発売。
    この作品の映像の一部は後のSDDS-024においてアリスJAPANの初期作と同じディスク(Disc3)に収録された。
  8. 最初で最後の姉妹共演 やまぐちりこ やまぐちりく(2011年12月8日)STAR-323
    やまぐちりくと姉妹共演
  9. やまぐちりこ やまぐちりく AV引退(2012年3月8日)SDDS-024
    姉妹の単独AV全作品から選り抜いた映像と新作を収録した5枚組10時間のDVD-BOX。単品DVDと同等の定価2,980円。
    協力:アリスJAPAN、株式会社BELLTECH。

総集編[編集]

SODクリエイト
  1. ザ ベスト オブ SOFT ON DEMAND 2011年下半期全作品 8時間 2枚組(2012年2月9日)SDDL-481
    他の女優作品を含む選り抜き総集編

写真集[編集]

  1. DEPARTURE(2010年7月10日、双葉社 撮影:篠原潔ISBN 978-4575302417
  2. りこぉる(2010年12月17日、双葉社 撮影:大橋ケンイチISBN 978-4575302851
  3. rico-riku やまぐちりこ×やまぐちりく写真集(2011年11月9日、イースト・プレスISBN 978-4781607139 ※やまぐちりくと姉妹共演

雑誌(グラビア)[編集]

  • FRIDAY(2010年7月9日号・16日号、講談社
  • 月刊ソフト・オン・デマンド 1月号増刊 ソフト・オン・デマンドDVD Vol.1 (2010年12月8日、ソフト・オン・デマンド)

イベント[編集]

  • やまぐちりこシークレットイベント
    SOD通販サイトで参加チケット付きDVDが限定発売された。東京は本人の体調不良により1月15日から29日に変更されている。場所は「都内(市内)某所」として公表されなかったが、イベント後には一部マスメディアで報道されたり参加者撮影の写真がウェブ上にアップロードされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ AV女優名鑑”. DMM. 2013年8月24日閲覧。
  2. ^ a b c アリスJAPAN official website やまぐちりこ”. アリスJAPAN. 2012年1月2日閲覧。
  3. ^ 設定上の生年月日
  4. ^ ファン衝撃!元AKBメンバー、アダルトへ…映像削除も(ZAKZAK)
  5. ^ 楽天ウーマン
  6. ^ Amazon.jp
  7. ^ 『AKB48「じゃんけん」に隠された「女のバトル」』 週刊文春 2010年9月30日号
  8. ^ AKB元メンバー「AV出演後行方不明」説 制作プロダクション側は否定 J-CASTニュース 2010年9月24日 20:03
  9. ^ 『週刊大衆』[出典無効]
  10. ^ サプライズ握手会にファン感涙!1/29やまぐちりこ東京イベントレポートソフト・オン・デマンド
  11. ^ やまぐちりこ 東京イベント 201101.29 第一部
  12. ^ やまぐちりこ(^O^)
  13. ^ a b c d 元AKB48やまぐちりこ号泣 中西里菜に戻った日東京スポーツ2011年2月5日芸能欄)
  14. ^ DMM、Amazon.jp、SODともに発売日直後から在庫切れ
  15. ^ みなさんに報告!!(やまぐちりこファンクラブブログ※要会員登録)
  16. ^ やまぐちりこ、結婚していた!「幸せに暮らしています」”. スポーツニッポン (2013年6月13日). 2013年9月9日閲覧。
  17. ^ やまぐちりこ オフィシャルブログ : 今までありがとう(web魚拓)
  18. ^ 【DVD情報】あの国民的アイドルの妹 やまぐちりくAV Debut【3月5日発売】 / やまぐちりくジョウホウブログ”. 2013年9月3日閲覧。
  19. ^ あったかーい飲み物☆(やまぐちりこブログ 2012年2月8日)
  20. ^ (日本語) 日本中が待望した国民的アイドルやまぐちりこAV DEBUT (DVD、アダルトビデオ(表)). 日本: アリスJAPAN.. (2010年8月27日). 該当時間: 00:27:30 - 00:29:00 近辺. DV-1184 
  21. ^ 『週刊大衆』 2010年12月27日号[要検証 ]
  22. ^ 2010年1月29日東京で開催されたSODクリエイトシークレットイベントでの発言。同様の趣旨の発言はビデオ作品内でもしている。
  23. ^ やまぐちりこの本音が月刊SOD増刊号に掲載中!!
  24. ^ 週刊文春2010年9月22日発売号
  25. ^ 元AKBがヌード写真集 事務所差し止め申し立ても却下 MSN産経ニュース2010年7月15日
  26. ^ 各DVDジャケット・サンプル画像の著作権表示より。
  27. ^ やまぐちりこシークレットイベント

関連項目[編集]

外部サイト[編集]

全て成人向けサイト