やがて来たる者へ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やがて来たる者へ
L'uomo che verrà
監督 ジョルジョ・ディリッティ
脚本 ジョルジョ・ディリッティ
ジョヴァンニ・ガラヴォッティ
タニア・ペドローニ
原案 ジョルジョ・ディリッティ
製作 ジョルジョ・ディリッティ
シモーネ・バキーニ
出演者 アルバ・ロルヴァケル
マヤ・サンサ
クラウディオ・カサディオ
グレタ・ズッケーリ・モンタナーリ
ステファノ・ビコッキ
エレオノーラ・マッツォーニ
音楽 マルコ・ビスカリーニ
ダニエレ・フルラーティ
撮影 ロベルト・チマッティ
編集 ジョルジョ・ディリッティ
パオロ・マルゾーニ
配給 日本の旗 アルシネテラン
公開 2009年10月16日(ローマ国際映画祭)
イタリアの旗 2010年1月22日
日本の旗 2011年10月22日
上映時間 117分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
ドイツ語
テンプレートを表示

やがて来たる者へ』(やがてきたるものへ、原題:L'uomo che verrà)は、2009年10月16日にローマ国際映画祭会場より初公開されたイタリア制作のレイティングPG-12指定映画。イタリアでは2010年1月22日に公開されている。1940年代のイタリアを舞台にして、第二次世界大戦の末期に起きた歴史的事件を描く物語。

日本では2011年10月22日より岩波ホールにて全国順次劇場公開された。また、2012年3月30日SoftgarageよりDVD(JDXB-27060)が発売されている。文法的には『やがて来(く)る者へ』が正しいと思われる。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞ほか[編集]

  • 2009年、ローマ国際映画祭(審査員賞、觀客賞)
  • 2010年、イタリア・アカデミー賞16部門ノミネート - 主要3部門受賞(作品賞、プロデューサー賞、サウンド編集賞)
  • 各国映画祭29部門受賞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]