もし僕らのことばがウィスキーであったなら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

もし僕らのことばがウィスキーであったなら』(もしぼくらのことばがウィスキーであったなら)は、村上春樹紀行

概要[編集]

1999年12月、平凡社より刊行された。『サントリークウォータリー』第55号(1997年9月30日)、第56号(1997年12月15日)に掲載されたエッセイが元。写真は村上の妻、陽子によるもの。地図の製作は白砂照義(ジェイ・マップ)。2002年11月に新潮社より新潮文庫として文庫化された。

旅のテーマを「ウィスキー」とし、スコットランドアイラ島及びアイルランド各地を巡り、行く先で飲むウィスキーやウィスキー工場(蒸溜所)、バーの話を中心に、スコッチ・ウィスキーアイリッシュ・ウィスキーをそれぞれ取り上げている。

内容[編集]

  • 僕は何かすごくいやなことがあると、いつもビデオで『静かなる男』を見ることにしている。だから(当然のことながら)ずいぶん何度もこの映画を見た。何度見ても、素晴らしい映画だと思う[2]
  • パブに入ってきた七十歳くらいの男はひとくち飲んでは何かを考えていた。彼が何を考えていたのか、僕にはわからない。コードを刻むバド・パウエルの左手のリズムが、とくに晩年においてときどき遅れ気味になるのは、意識的なものなのか、あるいはただ単にテクニカルな原因によるものなのか、ということについて考えていたのかもしれない。

脚注[編集]

  1. ^ 『静かなる男』は『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』で主人公の「私」が自宅で見る映画としても登場する(同書、上巻、新潮文庫、旧版、133頁)。
  2. ^ 本書、新潮文庫、80-81頁。