むつ湾フェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
むつ湾フェリー株式会社
Mutsuwan Ferry
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
030-1302
青森県東津軽郡外ヶ浜町字蟹田中師宮本160番地
設立 1967年11月2日(下北汽船(株)として)
業種 海運業
事業内容 蟹田・脇野沢間(カーフェリーかもしか)の航路運航
代表者 代表取締役社長 山口健六
資本金 357,786千円(2008年6月1日時点)
売上高 103,886千円(平成19年度)
営業利益 -54,370千円(平成19年度)
純利益 27,121千円(平成19年度)
純資産 4,939千円(平成19年度)
総資産 373,360千円(平成19年度)
従業員数 10名
主要株主 青森県 39.1%
弘南バス 25.4%
外ヶ浜町 11.9%
むつ市 8.2%
リベラホールディングス(株) 1.7%
青森市 1.1%
十和田湖観光汽船(株) 0.8%
外部リンク http://www.mutsuwan-ferry.jp/
テンプレートを表示

むつ湾フェリー株式会社(むつわんふぇりー)は、青森県外ヶ浜町脇野沢村(現むつ市)が主体として出資・設立された第3セクターの会社である。平成19年6月1日時点では弘南バスが筆頭株主であったが、その後青森県が66,191千円の出資を行い、筆頭株主となった(平成20年6月1日時点)[1][2]

下北半島津軽半島を結ぶフェリー航路を有する。青森市からむつ市脇野沢・川内に向かう場合、当航路を利用するほうが、野辺地町経由より便利である。

近年は利用者の減少による赤字に悩まされており、離島航路青森~佐井航路は廃止が検討されていたが、2006年1月より離島航路は新会社シィラインで運航し、同社はフェリー航路の営業に専念することになった。

航路[編集]

脇野沢港 - 蟹田港(冬季運休)

使用船舶[編集]

カーフェリー かもしか

沿革[編集]

  • 1967年11月 - 関係市町村から休航中の青森~大湊航路(青森~脇野沢~川内~大湊)、青森~大間航路(青森~牛滝~福浦~佐井~大間・離島航路指定)再開の要望があり自治体と個人の出資により「下北汽船株式会社」設立。青森商船株式会社から休航中の航路・船舶の譲渡を受ける(のち青森~大湊航路を廃止し、青森~脇野沢~佐井離島航路に一本化)。
  • 1979年4月1日 - 関係市町村・民間からの出資により「むつ湾フェリー株式会社」設立、蟹田~脇野沢航路を開設。
  • 1987年10月 - 「下北汽船株式会社」と「むつ湾フェリー株式会社(旧)」合併。
  • 2005年10月24日 - 本社を青森市から外ヶ浜町(蟹田)へ移転。
  • 2006年

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]