みんな去ってしまった

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みんな去ってしまった
中島みゆきスタジオ・アルバム
リリース 1976年10月25日
録音 1976年7月 - 8月
ジャンル フォークソング
時間 41分36秒
レーベル AARD-VARK
キャニオン・レコード
チャート最高順位
中島みゆき 年表
私の声が聞こえますか
(1976年)
みんな去ってしまった
(1976年)
あ・り・が・と・う
1977年
みんな去ってしまった 収録の シングル
  1. 夜風の中から
    (シングル・バージョン)
    c/w 忘れられるものならば」

    リリース:1976年7月25日
テンプレートを表示

みんな去ってしまった』(みんないってしまった)は、1976年10月25日に発表された中島みゆきの2作目のオリジナル・アルバムである。

解説[編集]

  • 前作『私の声が聞こえますか』同様、所属事務所のヤマハとレコード会社の主導のもと、ごく短期間でレコーディングされた作品である。
  • ライナーノートには中島自身による手書きの序文が掲載されており、各収録作品を書いた日時なども記述されていた。
  • プロデューサーは前作と同様具体的な記述はなく、"Yamaha Music Foundation(=財団法人ヤマハ音楽振興会)"とクレジットされているだけである。
  • この作品からジャケットの写真を田村仁が担当する。田村はその後、現在に至るまでの中島の全てのオリジナルアルバムのジャケット写真を撮影している。
  • 1986年ポニーキャニオン(当時はキャニオンレコード)よりCD化されており、現行盤のCDは2001年ヤマハ・ミュージック・コミュニケーションズから再発売されたもの(デジタルリマスタリングは施されていない)。
  • 2010年、Tom Baker at Precision Mastering (Los Angeles) により新たにデジタルリマスタリングされたCDがクリスタルディスクにて発売された(規格品番:YMPCD-10010)。
  • また、デジタルリマスタリングされたCDは2012年9月より8枚組のBOXセット『中島みゆきBOX 私の声が聞こえますか~臨月』の1枚として通信販売限定で発売された。

収録曲[編集]

  • 全作詞/作曲:中島みゆき、編曲:エジソン(特記以外)
  1. 雨が空を捨てる日は
    研ナオコに提供した曲で、オリジナルは「LA-LA-LA」のB面に収録されていた。
  2. 彼女の生き方
  3. トラックに乗せて
  4. 流浪の詩
    黒人労働者をモチーフにしている。1993年発表のセルフカバー・アルバム『時代-Time goes around-』にはリメイク・バージョンが収録されている。
    1977年にちあきなおみがアルバム『ルージュ』でカバーしている。
  5. 真直な線
  6. 五才の頃
    中島が札幌市から岩内町に引っ越したのが5歳であり、その頃を回想した歌である。1978年桜田淳子がアルバム『20才になれば』でカバーした。
  7. 冬を待つ季節
  8. 夜風の中から
    1976年に中島の4枚目のシングルとして発表された作品。アルバムに収録されているのはアレンジの異なる別バージョンである。
  9. 03時
  10. うそつきが好きよ
    1977年日吉ミミがカバーしている。
  11. 妬いてる訳じゃないけれど
  12. 忘れられるものならば(編曲:西崎進)
    シングル「夜風の中から」のカップリングに収録されていた曲。

演奏者[編集]

  • 中島みゆき - Vocals
  • エジソンと発明王
    • 渡辺孝好 - Keyboards
    • 裴ユキオ - Guitars
    • 長岡道夫 - Bass
    • 渡辺純 - Drums
    • 野間義男 - Folk Guitar