みんなの運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポーランドの政党
みんなの運動
Twój Ruch
Janusz Palikot Kongres Katowice.jpg
TR党首ヤヌシュ・パリコト
総裁 ヤヌシュ・パリコト
成立年月日 2011年6月1日(RPとして)
下院議席数
36 / 460   (8%)
(2013年10月21日)
上院議席数
0 / 100   (0%)
(2013年10月21日)
政治的思想・立場 リベラルリバタリアニズム
公式サイト Twój Ruch
2011年6月にパリコト運動として結成され、2013年10月に「みんなの運動」に改編
テンプレートを表示

みんなの運動(みんなのうんどう、ポーランド語: Twój RuchTR)はポーランド政党リベラルリバタリアン政党である「パリコト運動」(Ruch Palikota、RP)を前身として2013年10月結成。下院では市民プラットフォーム(PO)と「法と正義」(PiS)に次ぐ第三党。

概要[編集]

前身となるRPは、POを離党したヤヌシュ・パリコトJanusz Palikot)を党総裁として2011年7月2日に結成された(政党登録は6月1日)[1][2]

RPは個人的自由の拡大と経済的自由の拡大を同時に追求する自由至上主義(リバタリアニズム)を標榜し、上院の廃止、下院への完全小選挙区制導入、所得税累進課税の廃止(所得税の定率税化)、法人税の大幅引き下げ、大幅な公務員削減などを通じた「小さな政府」の実現[3]。また反教会主義、同性愛者の権利拡大、妊娠中絶麻薬の合法化などローマ・カトリック教会の影響力が強いポーランドにおいて異色な政策も掲げていた。

結成間もない2011年10月に行われたポーランド議会選挙では、下院にて10%台の得票を得て40議席を獲得、POとPiSに次ぐ第3党となった[4]。このうち当選者2名は、性転換者(男性から女性)と同性愛者(男性)で、ポーランド政治史上初めてのことであった。なおRPに投票した有権者の大半は20代前半の男性であり、「政治のことを何も知らない連中が選んだ党」との批判の声も挙がった[5]。議会選挙直後には、民主左翼連合(SLD)の議員1名がパリコト運動へ移籍することを表明。またパリコト党首は党名の変更も検討していることを明らかにした[6]

2013年10月6日、「ヨーロッパ・プラス」などの政治グループを吸収してTRに改編され、党首にRP党首であったパリコトが就任、副党首には「ヨーロッパ・プラス」の主導者であるシヴィエツ欧州議員が就任した[7]

選挙における党勢推移[編集]

セイム選挙
年月日 得票数 得票率 議席数 備考
2011年10月9日(詳細 1,439,490 10.02% 40 RPとして

脚注[編集]

  1. ^ Pozycja 9500. Monitor Sądowy i Gospodarczy nr 54/2010, 21 lipca 2011
  2. ^ Zakładał partię, teraz wybrali go przewodniczącym.2011年7月2日
  3. ^ What does Palikot's big win mean for Poland?2011年10月10日
  4. ^ “ポーランド総選挙:民主化以来初めて与党連勝 政治の成熟、示した選択”. (2011年10月13日). http://mainichi.jp/select/world/news/20111013ddm007030034000c.html 2011年10月13日閲覧。 
  5. ^ 茂木規江(アダム・ミツキェヴィチ大学・講師)、2012、「ポーランド議会の突風(連載かいがい発 第172回) (PDF) 」 、『労働調査』(2012年2月号)、労働調査協議会 pp. 1-2
  6. ^ 在ポーランド日本国大使館 (2011年10月28日). “ポーランド政治・社会情勢(2011年10月20日~26日) (PDF)”. 外務省. 2011年11月6日閲覧。
  7. ^ 在ポーランド日本国大使館 (2013年10月11日). “ポーランド政治・経済・社会情勢(2013年10月3日~10月9日) (PDF)”. 日本外務省. 2013年10月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]