みんなが恋してる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みんなが恋してる
Tutti innamorati
監督 ジュゼッペ・オルランディーニ
脚本 パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
マッシモ・フランチオーザ
ウーゴ・グェッラ
ジョルジョ・プロスペリ
フランコ・ロッシ
原案 パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
マッシモ・フランチオーザ
製作 グイド・ジャンバルトロメイ
出演者 ガブリエーレ・フェルツェッティ
マルチェロ・マストロヤンニ
ジャクリーヌ・ササール
メンモ・カロテヌート
音楽 アレッサンドロ・チコニーニ
撮影 アルマンド・ナンヌッツィ
編集 オテッロ・コランジェーリ
製作会社 ロヤル・フィルム
フランス・シネマ・プロデュクシオン
配給 イタリアの旗 チネリッツ
日本の旗 イタリフィルム
公開 イタリアの旗 1959年
日本の旗 1959年10月6日
上映時間 イタリアの旗 87分
日本の旗 107分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
テンプレートを表示

みんなが恋してる』(みんながこいしてる、イタリア語: Tutti innamorati)は、1959年(昭和52年)製作・公開、ジュゼッペ・オルランディーニ監督のイタリアフランス合作映画である[1][2]。イタリア式コメディの1作である[1]

略歴・概要[編集]

本作は、1959年、イタリアの映画プロデューサーグイド・ジャンバルトロメイが、フランスの映画会社フランス・シネマ・プロデュクシオンとの提携によりロヤル・フィルムで製作を開始、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレおよびマッシモ・フランチオーザの2人が執筆した原案を、カンパニーレ、フランチオーザ、ウーゴ・グェッラジョルジョ・プロスペリ、フランコ・ロッシの5人で脚色し、助監督出身のジュゼッペ・オルランディーニが初めて監督し、完成した[1]。イタリアでは、同年、チネリッツが配給して公開された[1][2]

日本では、同年10月6日イタリフィルムが配給して公開された。同年、若城希伊子の日本語訳による映画と同名の物語本を、秋元書房が発行した。2011年(平成23年)2月現在に至るまで、DVD等のビデオグラム販売等は行われていない[3]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

クレジット順
アルファベット順

[編集]

  1. ^ a b c d Tutti innamorati, インターネット・ムービー・データベース (英語), 2011年3月3日閲覧。
  2. ^ a b Tutti Innamorati, allmovie (英語), 2011年3月3日閲覧。
  3. ^ みんなが恋してる、allcinema ONLINE, 2011年3月3日閲覧。
  4. ^ Guido Giambartolomei - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年3月3日閲覧。
  5. ^ Ugo Guerra - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年3月3日閲覧。
  6. ^ Carlotta Barilli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年3月3日閲覧。
  7. ^ Grazia Colelli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年3月3日閲覧。
  8. ^ Livia Cordaro - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年3月3日閲覧。
  9. ^ Franco Di Trocchio - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年3月3日閲覧。
  10. ^ Orlando Pallamari - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年3月3日閲覧。

参考文献[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]