みさくらなんこつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みさくら なんこつ
プロフィール
生誕 1977年3月2日(37歳)[1][2]
日本の旗 日本東京都[2]
所属 煉瓦社[3]
公式サイト 公式サイト『ハースニール』
代表作
アダルトゲーム まじれす!!〜おまたせ♪Little-Wing〜[4]
挿絵 もえるるぶ東京案内[4]

みさくらなんこつ1977年[1]3月2日[2] - )は、主に漫画イラストゲーム業界などで活動している漫画家イラストレーター原画家である。性別は非公開。代表作にPCゲームまじれす!!〜おまたせ♪Little-Wing〜』、挿絵を担当した『もえるるぶ東京案内』などがある[4]。ゲーム制作やイラストレーターのプロデュースを行っている株式会社煉瓦社に所属[3]

経歴[編集]

幼少期には人物の絵を描いたことが無かったが[5]、高校卒業後にアニメ版『魔法騎士レイアース』に触発されて絵を描くようになり、ある程度上達してから雑誌でメンバー募集をしていた同人サークルに参加。たまたま、そのサークルがふたなりを扱った18禁同人誌をメインで作っていたため、同人業界の事を何も知らずこの世界に飛び込んだみさくらは「同人活動=エッチなふたなり漫画を描くこと」と勝手に思い込み、両性具有ふたなり)を扱った創作活動に没頭する。

2001年、『五体ちょお満足』(桜桃書房)で商業誌デビュー[3]成年漫画の世界で頭角を現していく。成年誌の漫画、イラストだけでなく、一般誌での活動も多く、特に萌え系のイラストを得意とする。商業作品を担当する一方で、同人サークル「ハースニール」(: HarthNir)を主宰し、同人誌や同人ゲームを発表している。同人活動においてはふたなりを扱ったものが多く、登場キャラクターのろれつの回っていない台詞が登場する点や多量の精液が描かれる点で有名[4]

ルーンプリンセス』・『E★2いちばんのバカ姉妹』などの誌上読者参加イラストストーリーを行いつつ、2005年『電車男』ブームから始まったいわゆる「萌えブーム」の際には、JTBとのコラボレーション『もえるるぶ東京案内』をはじめ、『萌えるダイエット』などに関わった。その後CD、書籍のジャケット、挿絵などを手がけつつ、2009年にはハーレム居酒屋「こくまろみるく」の衣装デザインを行った[6]

ファントム』(二見書房)誌では、架空のキャラクター「みさくらぽんこつ」として、本田透との対談を行うという、今までにない形式をとっていた。

作品リスト[編集]

アダルトゲーム[編集]

  • 発情カルテ 〜緋色の陵辱肉玩具〜(2000年、13cm) - 御桜軟骨名義。
  • 未来にキスを-Kiss the Future-(2001年、otherwise
  • まじれす!!〜おまたせ♪Little-Wing〜(2004年、すたじおみりす
  • 部活規格(2005年、F&C
  • コスプレ露出研究会(2006年、ピンポイント
  • ドスケベビッチな援交○学生(高学年)のセックス三昧夏休み 〜あかり&雪乃〜(2011年、ピンポイント)
  • スケベビッチな○学生のセックス三昧七日間戦争 〜ホームレスからひみつ基地をとり戻せ!〜(2013年、ピンポイント)
個人サークルによる同人作品

原画・シナリオ・彩色・ゲームシステム作成・ディレクション・ボイスディレクション・演出・一部のボイス全てをみさくらが担当。

  • 朝からずっしり♥ミルクポット(2007年)
  • 朝からずっしり♥ミルクポット1.5㍑(2010年)
  • 信じて送り出したフタナリ彼女が農家の叔父さんの変態調教にドハマリしてアヘ顔ピースビデオレターを送ってくるなんて…(2010年)
  • 朝からずっしり♥ミルクポット2㍑(2011年)
  • 朝からずっしり♥ミルクポットSPECIAL 〜街中で隠れセンズリに夢中になっちゃうふたなりっ娘スニーキングアクションゲーム〜(2013年)

一般ゲーム[編集]

漫画[編集]

小説挿絵[編集]

その他[編集]

雑誌『E☆2』(発行:メディエイション 発売:ビオ・マガジン)にて『E☆2いちばんのバカ姉妹☆』のタイトルでVol.6 - 26まで連載されたイラスト漫画作品を収録したムック[7]

連載中の作品・コーナー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『銀河観光旅館 宙の湯へいらっしゃ〜い!』作者紹介より生年を参照。
  2. ^ a b c みさくらなんこつのインタビュー - 「misakura666のインタビュー」 - ザ・インタビューズ”. paperboy&co.. 2013年8月1日閲覧。
  3. ^ a b c 煉瓦社オフィシャルサイト”. 煉瓦社. 2013年8月1日閲覧。
  4. ^ a b c d 伊藤真広、村中宣彦(編)、2006、「【プロ作家】→【同人名義】データベース」、『ゲームラボ特別編集「現代視覚文化研究」』、三才ブックス ISBN 4-86199-061-0 p.191
  5. ^ みさくらなんこつ (2011年9月24日). “みさくらなんこつのインタビュー - 「昔から絵は描かれていたんですか?」 - ザ・インタビューズ”. paperboy&co.. 2013年8月1日閲覧。
  6. ^ ハーレム居酒屋「こくまろみるく」7月中旬にオープン! みさくらなんこつがデザイン - アキバ総研”. 価格.com (2009年6月12日). 2013年8月1日閲覧。
  7. ^ E☆2(えつ)~「アキバ」「萌え」系注目の、進化する美少女コンテンツ雑誌「E☆2」公式サイト~”. アールビバン. 2013年8月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]