まわり道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まわり道
Falsche Bewegung
監督 ヴィム・ヴェンダース
脚本 ペーター・ハントケ
製作 ペーター・ゲネー
ベルント・アイヒンガー
音楽 ユルゲン・クニーパー
撮影 ロビー・ミューラー
編集 ペーター・プルツィゴッダ
配給 欧日協会
公開 西ドイツの旗 1975年3月14日
日本の旗 1977年1月27日
上映時間 103分
製作国 西ドイツの旗 西ドイツ
言語 ドイツ語
製作費 DEM 620,000
テンプレートを表示

まわり道』(: Falsche Bewegung: The Wrong Move)は、1975年西ドイツ製作、ヴィム・ヴェンダース監督によるロードムービー。作家志望の青年が旅行を通じて様々な人と出会いながら、自分探しに意味を見出せなくなっていく様子を描く。

ロードムービー3部作の2作目であり、ナスターシャ・キンスキーのデビュー作でもあり、彼女は本作でヌードシーンも演じている。ゲーテの『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』を下敷きにしており、登場人物の名前も同作から取っている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

登場人物[編集]

ヴィルヘルム
作家志望の青年だが、スランプに陥っている。
テレーゼ
女優。ヴィルヘルムに好意を持っている。
ラエルテス
元ナチの老人。孫娘のミニョンの稼ぎに頼っている。
ミニョン
大道芸の少女で口がきけない。ませたところがある。
ランダウ
詩を嗜む青年。ヴィルヘルムの詩を聞いて彼らの仲間入りをする。

外部リンク[編集]