まばたき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

まばたき(瞬き、瞬目)とは動物まぶたの開閉運動のこと。1回のまばたきの速さは平均で100 - 150ミリ秒だと言われている。

まばたきには3つの種類があり、普段我々が無意識におこなう周期性まばたきと、目にが差し込んだときにおこなう反射性まばたき、そして意識的におこなう(ウインクのような)随意的まばたき がある。

まばたきの回数は子供では1分間につき約5 - 18回、大人では男性が20回、女性が15回程度といわれている[誰によって?]

またまばたきをしている間はの一部が休止しており、まばたきの回数を覚えていないのはこのためであると言われている[誰によって?]

人間の目では見えないが、疲れてくると極わずか遅くなる。

役割[編集]

まばたきが行う役割は以下の通りである。

  • 角膜を洗浄し、角膜を清潔に保つ。
  • 物体の像のボケを修正する。
  • 房水の流れを良くする。
※房水とは角膜と水晶体の間を満たしている液のこと。
  • 涙を結膜のうから涙道へ流し込む。

ドライアイとの関連性[編集]

まず目を思い切り閉じたあと10秒間まばたきをせずに思い切り目を開いた時、痛みを感じて目をつむってしまった場合に自分がドライアイであることが分かる。ドライアイの原因は不明だが、予防対策の1つとして意識的にまばたきをする事が挙げられている。

関連項目[編集]