ぼくは怖くない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ぼくは怖くない
Io non ho paura
監督 ガブリエレ・サルヴァトレス
脚本 ニコロ・アンマニーティ
フランチェスカ・マルチャーノ
原作 ニコロ・アンマニーティ
製作 マウリツィオ・トッティ
リッカルド・トッツィ
ジョヴァンニ・スタビリーニ
マルコ・キメンス
製作総指揮 マウリツィオ・トッティ
出演者 ジュゼッペ・クリスティアーノ
マッティーア・ディ・ピエッロ
音楽 エツィオ・ボッソ
ペポ・シャーマン
撮影 イタロ・ペットリッチョーネ
編集 マッシモ・フィオッキ
配給 アルバトロス
公開 スペインの旗 2003年3月14日
日本の旗 2004年3月20日
上映時間 109分
製作国 イタリアの旗 イタリア
スペインの旗 スペイン
イギリスの旗 イギリス
言語 イタリア語
興行収入 €4,197,524[1]
テンプレートを表示

ぼくは怖くない』(Io non ho paura: I'm Not Scared)は、2003年イタリア映画

2001年ヴィアレッジョ賞を受賞したニコロ・アンマニーティの同名小説を映画化した作品。また本作品では脚本も手掛けている。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ミケーレ・アミトラーノ ジョゼッペ・クリスティアーノ(it 内山昂輝
フィリッポ・カルドゥッチ マッティーア・ディ・ピエッロ
アンナ・アミトラーノ アイタナ・サンチェス=ギヨン 沢海陽子
ピーノ・アミトラーノ ディーノ・アッブレーシャ(it
セルジオ・マテリア ディエゴ・アバタントゥオーノ
フェリーチェ・ナターレ ジョルジョ・カレッチャ(it
テスキオ・ナターレ ファビオ・テッタ 小尾元政
マリア・アミトラーノ ジュリア・マッチューロ 川田妙子

ストーリー[編集]

1978年の南イタリアにある小さな村に住む少年ミケーレは、廃屋の裏に穴が開いてる事に気付きそこで鎖に繋がれた少年、フィリッポを発見する。恐怖のあまり誰にも打ち明けられずにいたが、彼の事が気になり何度も穴を覗きに行ってるうちに2人は少しずつ心を通わせていった。

ある日の夜。目が覚めたミケーレは、大人達が集まるキッチンのTVから流れるニュースで、フィリッポが誘拐された少年である事実を知る。

出典[編集]

  1. ^ Io non ho paura”. Box office. 2012年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]