ほうおう座流星群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ほうおう座流星群(-ざりゅうせいぐん)は、1956年12月5日に突発出現した流星群である。輻射点はα = 356°、δ = -42.5°付近で、ほうおう座内の、ちょうこくしつ座つる座との境界近くだった。

1956年に南極へ向かう南極観測船宗谷に乗船中の第1次南極越冬隊によって、世界時13時45分ごろから18時ごろにかけて出現が観測された。極大の世界時16時30分ごろには、1時間あたり500個の流星雨が観測された。オーストラリアでも1時間あたり100個の流星が観測された。それ以外の年でも小規模な出現記録がある。

1957年には、1819年に発見されて以来行方不明のブランペイン彗星 (P/1819 W1) に母彗星の可能性があると指摘された。2003年に、ブランペイン彗星とほぼ一致する軌道を持つアポロ型小惑星2003 WY25カテリナ・スカイサーベイによって発見され、2005年に、同じ天体だとほぼ同定された。これらの軌道から、1819年に彗星が近日点通過した際に形成されたダストトレイルを計算すると、1956年の突発出現が説明できるので、ブランペイン彗星が母彗星であることはほぼ確実となった。