べったら漬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
べったら漬
べったら漬[1]
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 238 kJ (57 kcal)
14.0 g
食物繊維 1.8 g
0.1 g
飽和脂肪酸 0 g
一価不飽和脂肪酸 0 g
多価不飽和脂肪酸 0 g
0.9 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
(0) μg
(0%)
0 μg
チアミン(B1)
(3%)
0.03 mg
リボフラビン(B2)
(2%)
0.02 mg
ナイアシン(B3)
(1%)
0.1 mg
(3%)
0.13 mg
ビタミンB6
(3%)
0.04 mg
葉酸(B9)
(4%)
14 μg
ビタミンB12
(0%)
(0) μg
ビタミンC
(54%)
45 mg
ビタミンD
(0%)
(0) μg
ビタミンE
(0%)
0 mg
ビタミンK
(0%)
0 μg
ミネラル
カルシウム
(2%)
20 mg
鉄分
(3%)
0.4 mg
マグネシウム
(2%)
8 mg
リン
(6%)
43 mg
カリウム
(4%)
180 mg
ナトリウム
塩分の可能性あり)
(80%)
1200 mg
亜鉛
(2%)
0.2 mg
他の成分
水分 81.3 g

成分名「塩分」を「ナトリウム」に修正したことに伴い、各記事のナトリウム量を確認中ですが、当記事のナトリウム量は未確認です。(詳細

%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。

べったら漬(べったらづけ)は、大根麹漬の一種で、東京を代表する名産品と言われている。

「べったら漬け」とも書く。表面についた甘酒のがべとべとしていることからこの名がついた。

毎年、10月19日・20日に、宝田恵比寿神社がある日本橋大伝馬町界隈では「べったら市」が開かれ、秋の下町恒例行事となっている。 東京べったら漬は東京都中央区観光協会推奨名産品に認定されている。

概要[編集]

大根の皮を厚めに剥き、下漬けで塩押しした大根を、砂糖米麹で本漬けする。 ポリポリした歯ざわりと甘いが淡白な味が特徴である。

漬け込んで10日から15日で食用になるが、風味が変わるのも早く、貯蔵性はない。

類似する沢庵漬けとは、大根を干さずに漬け込む点で大きく異なっており、水分量は80%を超える(文部科学省 食品データベースによると、81.3%)。

食べる際にはたくあんを切る場合の3倍程に大きく切るのが定法とされている。ご飯のおかずではなく、それだけで口の中がいっぱいになる。古川柳に「浅漬けを すなをに切って しかられる」とあるのは、田舎から江戸へ出てきた下女が、たくあんのように薄く切って出して主人に注意されるさまを詠んだものである。

歴史[編集]

歴史は古く、江戸時代の宝田恵比寿神社例祭の市に遡る。

毎年10月19日の夜(えびす講の前夜)には、日本橋本町の宝田神社を中心とした日本橋大伝馬町堀留町人形町近辺の通りで「べったら市」が開かれ、べったら漬が売り出される[2]

徳川慶喜はべったら漬を好んで食し、昭和天皇と戦前・戦後の新派を代表する女形役者花柳章太郎も味覚の秋にべったら漬を味わい楽しんだと言われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  2. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p8 昭和33年12月25日発行


参考文献[編集]

  • 『 徳川慶喜家の食卓』 第四代徳川慶喜家君主 徳川慶朝著
  • 『 昭和天皇の料理番』 谷部金次郎著