ぷよぷよSUN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ぷよぷよSUN
ジャンル 落ち物パズルゲーム
対応機種 アーケード (ST-V)
セガサターン (SS)
NINTENDO64 (N64)
PlayStation (PS)
Windows 95 (Win95)
ゲームボーイ (GB)
EZアプリ
S!アプリ
iアプリ
ゲームアーカイブス (GA)
開発元 コンパイル
発売元 コンパイル (AC, SS, N64, PS, Win, GB)
セガ (PS再発売, 携帯電話, GA)
人数 1 - 2人
メディア CD-ROM(SS, PS, Win95)
ROMカートリッジ(N64, GB)
発売日 1996年12月(AC)
1997年2月14日(SS)
1997年9月4日(SS SEGANET)
1997年10月30日(N64)
1997年11月27日(PS)
1998年4月17日(Win95)
1998年7月30日(SS サタコレ)
1998年11月27日(GB)
2001年4月12日(PS the Best)
2003年1月30日(PS セガ版)
2006年5月11日(EZアプリ)
2006年5月17日(S!アプリ)
2006年11月10日(iアプリ)
2014年3月12日(GA)
売上本数 SS : 60万本[1]
PS
日本の旗 107万本
世界 115万本[2]
その他 機種やバージョンにより正式タイトルが一部異なる。
テンプレートを表示

ぷよぷよSUN』(ぷよぷよさん)は、株式会社コンパイル落ち物パズルゲーム『ぷよぷよ』シリーズの第3作。1996年にアーケードゲームとして発売され、以後いくつかのプラットフォームに移植された。2003年のPlayStation再発売版以降はセガより発売されている。

タイトルの「SUN(サン)」は「3」と掛けたもの。

主な特徴[編集]

前作まではアルル・ナジャのみが主人公だったが、本作ではひとり用モードのシナリオが難易度の異なる3つから選べ、それぞれで主人公が異なる。さらに、敵キャラクターにも独自の「連鎖ボイス」が導入され(2連鎖目以降はキャラクター毎のカットイン演出も出現)、対戦時は主人公以外のキャラクターも選んでプレイできるようになった。このため画面レイアウトも変更され、それぞれのプレイフィールド内にはキャラクターの全身画像が大きく表示されている。キャラクターの選択と個別連鎖ボイスは、有名声優を起用したPCエンジン版『ぷよぷよCD』シリーズでは既に導入されていたが、コンパイル発売の作品では本作が初となる。

また、タイトルの『SUN』の名にちなんで独自の新システム「太陽ぷよ(たいようぷよ)」も導入されたが、このシステムは以後の作品では『ぽけっとぷよぷよ〜ん』、『ぷよぷよBOX』、『ぷよぷよ!! Puyopuyo 20th anniversary』のみの登場となっている。また、本作から5色ぷよの表情(目つき)が明確に描き分けられるようになった(赤は怒り、青は悲しみ、緑は普通、黄色は笑顔、紫はニヤリになっている)。

ゲームシステム[編集]

基本的なルールは『ぷよぷよ通』をベースにしている。ここでは『ぷよぷよSUN』での追加ルールや変更点について述べる。ゲームボーイ版『ぽけっとぷよぷよSUN』のみルールが一部異なる(後述)。

太陽ぷよ(たいようぷよ)
本作では、「太陽ぷよ」と呼ばれる特殊なぷよが相殺時および全消し時に出現する。太陽ぷよが消滅する条件はおじゃまぷよと同じであり、通常の色ぷよが消えるときに隣接していると一緒に消滅するが、太陽ぷよを連鎖に巻き込んで消すと通常よりも多めにおじゃまぷよを相手に送ることができる。得点ぷよに特徴が似ているが、大きな連鎖の後半に巻き込むほど威力が上がる。小規模な連鎖でも上手に太陽ぷよを絡めると大きな破壊力となるため、本作ではいかに太陽ぷよを効率よく連鎖に巻き込むかが重要となる。
なお、オプションで対戦時の太陽ぷよをOFFに設定した場合は『ぷよぷよ通』と同様のルールに変わる。
日輪相殺(にちりんそうさい)
自分若しくは相手がフィールドにおじゃまぷよが予告された状態でぷよを消して相殺すると、画面中央の太陽マークに光が蓄積され、相殺が起こった回数分(自分と相手の双方が相殺を行なった場合は、両者の合計の個数)の太陽ぷよが両プレイヤーのフィールドに降る。太陽ぷよの落下位置は光の柱で予告され、おじゃまぷよの予告よりも優先されて降る。
おじゃまぷよの保留
「日輪相殺」を行った場合は太陽ぷよが降ってくるが、その代わりに通常のおじゃまぷよの落下が1ターン保留される。ただし、ぷよを相殺してから太陽ぷよが発生するまで僅かなタイムラグが存在するため、相手の連鎖中に連続で相殺しても一度に防げるのは1ターン分のみとなっている(連続して太陽ぷよが降ることはない)。
日輪相殺そのものは継承されなかったが、おじゃまぷよの保留システムは形を変えて『ぷよぷよフィーバー』など後の作品にも継承された。
全消しによる太陽ぷよボーナス
本作では全消しを行ってもおじゃまぷよの追加ボーナスが無い代わりに、全消し完了直後にその時の連鎖数に応じた数の太陽ぷよが自分のフィールドにまとめて降る(例:4連鎖全消し→太陽ぷよ4個発生)。
おじゃまぷよ・太陽ぷよの落下法則
本作ではおじゃまぷよと太陽ぷよの落下位置が、前作のようなランダムなものから法則性を持った順序へ変更され、6で割った余りのおじゃまぷよは特定の順番(機種により異なる)に、太陽ぷよは左から1列目より右に1つずつ向かって順番に、それぞれ規則的に降るようになっている。このため、特定の列に偏っておじゃまぷよが溜まるということが少なくなった。おじゃまぷよの規則的な落下法則システムは、後に一部の作品でも採用されている。
予告ぷよの変更
前作のキノコ王冠に変わり星ぷよ(180個に変更)、ぷよ(360個)、彗星ぷよ(720個)、土星ぷよ(1440個、SS版での名称はぷよサターン)になった。また、「ぷよ」を「隕石ぷよ」と呼ぶようになった。
ゲームモードの追加
NINTENDO64版やプレイステーション版では「とことんなぞぷよ」と「かちぬきぷよぷよ」が追加されている。
ゲームボーイ版には「かちぬき」はないが、追加キャラクターを含む任意の敵キャラクターとフリー対戦可能な「トレーニング」がある。また、前作『ぽけっとぷよぷよ通』との通信対戦も可能となっている。ただし『通』との通信対戦時は『通』のルールが適用され、ルール選択は『通』側で行うことになる。4人対戦や形状設置は選択不可能。

ゲームボーイ版のルール変更点[編集]

ゲームボーイ版は一部のルールが他機種と異なっている。

  • 日輪相殺での太陽ぷよの発生にタイムラグがなくなり、相殺直後に必ず太陽ぷよが落下するようになった(相殺をすれば相手の攻撃を必ず保留できるようになった)。これを受け、太陽ぷよの落下位置の予告は行われなくなり、間髪入れずに落下する。このため、連続して相殺すればおじゃまぷよをずっと防ぎ続けることができるようになった。『ぷよぷよBOX』に収録された「SUNスタイル」では、太陽ぷよの発生タイミングのみこのGB版と同様のものが採用されている。
  • おじゃまぷよと太陽ぷよの落下位置に規則性が全く無くなり、前作のようにランダムなものに変更された。
  • 全消し時に発生する太陽ぷよの個数が「(連鎖数-1)×2」に変更され、さらに前作『ぷよぷよ通』と同じく次にぷよを消した時に相手に送り込むおじゃまぷよの数も上乗せされる。また、全消し時に溜まっていた分の日輪相殺分の太陽ぷよも加算されて一緒に落下する(例:1連鎖全消し→太陽ぷよ無し&全消しボーナス、4連鎖全消し&相殺1回→太陽ぷよ7個発生&全消しボーナス)。一度に発生する太陽ぷよは最大30個(5段)までで、それ以上は切り捨てられる。

このGB版でのルールは、続編であるゲームボーイカラー版『ぽけっとぷよぷよ〜ん』にそのまま受け継がれた。また、『ぷよぷよ!! Puyopuyo 20th anniversary』に収録された「ぷよぷよSUN」ルールは通常はアーケード版準拠のものだが、隠しコマンドで選択した場合はこのGB版準拠のルールに変化する。

各機種版の特徴[編集]

アーケード
最初に登場した『ぷよぷよSUN』である。ST-V基板で動作。レベル別に主人公が「ドラコ」「アルル」「シェゾ」の三人から選べる。漫才デモにはボイスがまだついていない。キャラ毎に連鎖ボイス・アニメーションがついた。
セガサターン
アーケード版から一部のデモグラフィック、連鎖ボイスを変更し、アニメムービーと「とことんぷよぷよ」を追加。漫才デモに声が追加され、それに伴い台詞も若干変更された。ハード本体の時計機能を用いて、特定の日に電源を入れると「アトリエモード」にイラストが追加される。7ヶ月後にはセガネットによるXBAND通信対戦専用の『ぷよぷよSUN FOR SEGANET』が発売され、モデムパック同梱の限定版も登場した。翌年の1998年7月30日には通常版が廉価版サタコレ」として再発売された。
ぷよぷよSUN64(NINTENDO64版)
スケルトン-T・インキュバス・ルルーの声優を一般オーディションで選ばれた声優に変更。解像度の問題から、レイアウトが変更となった。最大16人によるトーナメント方式の「かちぬきぷよぷよ」と、指示された問題を連続で解いていく「とことんなぞぷよ」が追加。同時期に発売されたSS版、PS版と比べてROM容量が少なかったため、漫才デモのボイスやアニメムービー、おまけイラストなどは収録されていない。しかし、漫才デモの台詞やグラフィックはSS版、PS版とほぼ同じなので、他機種において台詞のふきだしは表示されないが声のみ流れていたシーンで、台詞は何もないのにキャラクターの唇だけ動いてしまう場面が一部存在している。また、漫才デモにおいて、一部セリフに変更がある。
ぷよぷよSUN決定盤(プレイステーション版)
セガサターン版をベースとし、さらにNINTENDO64版の追加要素も含めた移植。キャラクターのボイスはNINTENDO64版と同じ声優で、漫才デモも再録されている。「とことんなぞぷよ」の練習問題はNINTENDO64版の64問から99問に増加している。ハード本体に時計機能がないため、おまけイラストはセーブ回数の蓄積による擬似時計によって表示される。2001年4月12日には廉価版「PlayStation the Best」として一部の不具合を修正して再発売された。
さらに、2003年1月30日にはセガより改めて廉価版が再発売された。このバージョンではタイトル画面などのコンパイルの社名表示がセガに差し替えられた他、コンパイル版に存在したアトリエとスタッフロールが削除され、サタンの声優(コンパイル版では当時コンパイルの社長であった仁井谷正充)も変更されている。こちらのバージョンは2014年3月12日にPlayStation 3PlayStation PortablePlayStation VitaPlayStation Vita TV向けゲームアーカイブスとして配信が開始された。
Windows 95
基本的にプレイステーション版をベースとした移植。高画質化されていた『ぷよぷよ』や『ぷよぷよ通』のWin版とは異なり、解像度はアーケード版そのままであるが、操作性は向上している。対戦を保存するリプレイ機能が追加された。また、元は『ディスクステーション』収録作品である『白熱!ぷよりんぴっく!』も同時収録されている。
韓国でも、前作『ぷよぷよ通』と同様にコンパイルコリアより韓国語版『뿌요뿌요SUN』が発売され、こちらはテキストとボイスが翻訳されている。
ぽけっとぷよぷよSUN(ゲームボーイ版)
本作唯一の携帯機への移植。スーパーゲームボーイおよびゲームボーイカラー対応。前作『ぽけっとぷよぷよ通』及び続作『ぽけっとぷよぷよ〜ん』との通信対戦も可能。ゲームボーイカラー使用時は画面がフルカラー表示になる。スーパーゲームボーイでプレイした場合はモノクロのままだが、前作と同様に専用フレームが表示され、ソフト1本で対戦可能。「とことんぷよぷよ」「とことんなぞぷよ」に段位認定機能が加わり、その成績に応じてタロットカードにちなんだキャラクターイラストを獲得し、ギャラリーで閲覧することができた。また、相手におじゃまぷよを送り込みつつとこなぞで対戦する「とことんなぞぷよたいせん」も登場。「ひとりでぷよぷよ」は漫才デモがなく、代わりにナレーターが初期の『ぷよぷよ通』のような対戦相手の紹介を行い、その後相手がそれに対し一言ツッコミを返すというデモになっている。前作までと同じくボイスは搭載されていない。また、キャラクターのアニメが他機種と大きく異なり、連鎖をすると画面中央に連鎖した側のキャラクターのみが映り、相手キャラクターをはじき飛ばす。
後に発売されたNINTENDO64版『ぷよぷよ〜んパーティー』とも連動しており、64GBパックを使ってイラストを閲覧したり、新たなイラストを獲得できるようになっていた。
携帯端末版
EZアプリ (BREW) 版、S!アプリ版、およびiアプリ版が存在する。携帯電話アプリ版にはアルルのストーリーのみ収録されているため、一部のキャラクターが登場しないほか、隠しボスのカーバンクルの出現条件も変更されている。連鎖ボイスはアルルのみとなっており、全キャラクターの連鎖カットインも一部省略(例えばアルルの2・3連鎖がどちらもファイヤーのモーションなど)されている。

ストーリー[編集]

闇の帝王であるところのサタンは、雑誌の「肌を小麦色に焼いてギャルにもてもて」といった言葉が踊る南国ツアーの記事を読み返しつつ、「今まではモテるための営業努力が足りなかった」と悟る。しかしその時は日焼けの出来るような季節ではなかった。サタンはそこで南国ツアーへ行くよりも、その場にいながら日焼けをすることを選び、周りの迷惑もかえりみず太陽を巨大化させてしまった。

突如昼夜を問わず太陽が照り続けるようになり熱帯となった世界に、アルルは「世界を元に戻そう」と立ち上がる。別の場所では、誰よりも愛する闇夜を奪われたシェゾが事の張本人に復讐すべく旅立つ。その一方で、ドラコは突然いい天気になったことに機嫌を良くし、暢気にも日光浴に出かけようとしていた。

登場キャラクター[編集]

主人公(対戦キャラクターとしても登場)
ドラコケンタウロス(やさしい)、アルル・ナジャ(ふつう)、シェゾ・ウィグィィ(むずい)
前作までの対戦キャラクター
スケルトン・T、ハーピー、インキュバス、すけとうだら、のほほ、ウィッチ、ぞう大魔王、ルルー、サタン
本作からの対戦キャラクター
ちょっぷん、キキーモラ、コドモドラゴン、ハニービー、勇者ラグナス・ビシャシ、カーバンクル
ゲームボーイ版での復活キャラクター
スキュラ、ふたごのケットシー、うろこさかなびと、ミノタウロス

「ふたりでぷよぷよ」では使用するキャラクターを自由選択できるが、連鎖ボイスや演出などが異なるのみで、基本的に性能自体の差はない(ぷよの消えアニメの演出速度(連鎖の進行速度)が僅かに異なる程度)。ボスのサタンとカーバンクルはほとんどの機種で隠しキャラクター扱いとなっており、隠しコマンドで使用できる。ゲームボーイ版ではボス2体と追加の4体を含む全キャラクターを最初から選択できる。

ドラコケンタウロスは登場以来、本作で初の主人公となる。カーバンクルはこれまでの『ぷよぷよ』シリーズではマスコットとして登場していたが、本作で初の対戦キャラクターとなった。その他の本作からの新キャラクターは前作までとは異なり『魔導物語1-2-3』以外からの出典となっており、キキーモラはPC-98版『魔導物語 道草異聞』より、ちょっぷんはゲームギア版『魔導物語III 究極女王様』より、コドモドラゴンとハニービーはPC-98版『大魔導戦略物語』より、そして勇者ラグナス・ビシャシは本作で初登場のオリジナルキャラクターとなっている。

ひとりでぷよぷよの登場順[編集]

ゲームモード「ひとりでぷよぷよ」には3種類の難易度が設定されており、それぞれが別のストーリーを形成している。

難易度:やさしい 「ドラコの休日」 (主人公:ドラコケンタウロス、全3ステージ)
スケルトン・T / ハーピー / ちょっぷん
難易度:ふつう 「アルルの冒険」 (主人公:アルル・ナジャ、全13+1ステージ)
ドラコケンタウロス / インキュバス / すけとうだら / キキーモラ / のほほ / コドモドラゴン / ウィッチ / ぞう大魔王 / ハニービー / 勇者ラグナス・ビシャシ / ルルー / シェゾ・ウィグィィ / サタン / (カーバンクル)
  • ゲーム開始からサタンを倒すまでに累計20回以上コンティニューしていると、隠しボスとしてサタン戦の後にカーバンクルが乱入演出とともに登場する。エキシビジョン扱いのため漫才デモは無く、カーバンクル戦の勝敗に関わらずエンディングに突入し、エンディングの内容も変化しない。
    • 携帯電話アプリ版のみ出現条件が異なり、サタン戦までをノーコンティニューで終えるとカーバンクルが登場する。
難易度:むずい 「シェゾの逆襲」 (主人公:シェゾ・ウィグィィ、全8+1ステージ)
コドモドラゴン / ウィッチ / ぞう大魔王 / ハニービー / 勇者ラグナス・ビシャシ / ルルー / アルル・ナジャ / サタン / (カーバンクル)
  • 対戦相手の内訳自体は「ふつう」のステージ6以降とほぼ同じ(ただし、シェゾがアルルに変わっている)。
  • ゲーム開始からサタンを倒すまでをノーコンティニューで終えると、隠しボスとしてサタン戦の後にカーバンクルが乱入演出とともに登場する。エキシビジョン扱いのため漫才デモは無く、カーバンクル戦の勝敗に関わらずエンディングに突入し、エンディングの内容も変化しない。

その他、ゲームボーイ版の「トレーニング」モードでは、他機種に登場しない4体の追加キャラクター達もフリー対戦で戦える。

また、ミノタウロスはゲームボーイ版以外では対戦キャラクターとして登場しないが、ルルー戦の漫才デモや、「とことんなぞぷよ」の出題キャラクターのひとりとして登場することがある。

ぷよの消え方[編集]

  • ノーマル型
    • アルル・ナジャ
  • 湯飲み型
    • スケルトンT
  • 音符型
    • ハーピー
  • ちょっぷん型
    • ちょっぷん
  • 炎型
    • ドラコケンタウロス
  • ハート型
    • インキュバス
  • 水しぶき型
    • すけとうだら
  • キラリ型
    • キキーモラ
  • コイン型
    • のほほ
  • 爆散型
    • コドモドラゴン
  • スター型
    • ウィッチ
  • 潰れ型
    • ぞう大魔王
  • チューリップ型
    • ハニービー
  • 宝箱型
    • 勇者ラグナス・ビシャシ
  • 女王乱武型
    • ルルー
  • 一刀両断型
    • シェゾ・ウィグィィ
  • 太陽型
    • サタン
  • カーバンクル型
    • カーバンクル

その他[編集]

  • オープニングでシェゾは洞窟から出てくるので、以後ユーザーから彼は洞窟に住んでいると思われるようになった。ところが、これに対するスタッフの回答は「言われるとそのようにも見えますね」といった内容であったので、特にこのシーンに意図は無かったようである。プレイステーション版の攻略本に掲載された漫画に至っては、洞窟の中で遭難していた。さらに、『ぷよぷよBOX』では実際に洞窟を住処にしていた(温泉を掘るためだと思われる)。『ぷよぷよ!! Puyopuyo 20th anniversary』でも洞窟を住処にしており、その理由を「闇と静寂にふさわしい場所」だからとしている。

関連商品[編集]

セガサターン ぷよぷよSUN 公式ガイドブック
1997年4月27日発売(ISBN 4-906659-01-2)。コンパイルより発行。セガサターン版の公式ガイドブック。
ぷよぷよSUN日輪大作戦
1997年5月20日発売(ISBN 4-900700-43-6)。ティーツー出版より発売された攻略本。
ぷよぷよSUN大百科(ケイブンシャの大百科 622)
1997年6月27日発売(ISBN 4-7669-2728-1)。勁文社より発売された攻略本。
NINTENDO64 ぷよぷよSUN64 公式ガイドブック
1997年11月30日発売(ISBN 4-906659-02-0)。コンパイルより発行。NINTENDO64版の公式ガイドブック。
プレイステーション ぷよぷよSUN決定盤 公式ガイドブック
1998年1月1日発売(ISBN 4-906659-03-9)。コンパイルより発行。プレイステーション版の公式ガイドブック。
ぷよぷよSUN サタンさまのモテモテ大作戦(ファミ通ゲーム文庫)
1998年3月2日発売(ISBN 4-89366-963-X)。アスキーより発行された小説作品。著者は高平鳴海。挿絵はみふづかつかさ
サタンを主人公に、ゲーム本編の前日談を描いたノベライズ。アルルの師匠がモグモグという人物だったり、ぷよぷよは消すことで魔法を使えるようになる精霊であるなど、原作とは異なる小説版オリジナルの設定が多い。
ぷよぷよSUN DX. Complete Best Album 3
1998年11月21日にテイチクエンタテインメントより発売されたオリジナルサウンドトラック。

参考文献[編集]

  • 『コンプリート・コンパイル』 1998年10月25日 編集: ゲークラ編集部、発行: 株式会社エクシード・プレス、発売: 株式会社ビー・エヌ・エヌ ISBN 4-89369-645-9
  • プレイステーション版『ぷよぷよSUN決定盤』操作説明書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Puyo Puyo Sun(SegaSaturn)”. 2014年11月26日閲覧。
  2. ^ Puyo Puyo Sun Ketteiban(PlayStation)”. 2014年11月26日閲覧。